続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

来週の新興市場の行方

 

新興市場の行方

バリュー株やJREITが堅調な中、マザーズのみが低迷しています。

 

今週の新興市場では、マザーズ指数が反落する一方、日経ジャスダック平均はじり高基調が続き、高安まちまちとなりました。

マザーズ指数は前回の当欄で懸念していたとおり、前の週までに1100pt台に位置する25日移動平均線水準まで値を戻し、目先のリバウンドを見込んだ買いが一服したようです。

 

 

連日で上場来高値を更新したトヨタ自動車(7203)やレーザーテック(6920)などに物色が向き、マザーズの売買は低調となりました。

週末にかけては米5月雇用統計の発表を前に、買い持ち高を手仕舞う動きが優勢でした。

 

  

しかし、ジャスダックでは半導体関連株を中心に買いが入り、週間の騰落率は、日経平均が-0.7%であったのに対して、マザーズ指数は-2.2%、日経ジャスダック平均は+0.7%でした。

個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ(4385)が週間で3.1%安、フリー(4478)が3.3%安と特に軟調でした。

Appier Group(4180)は戻り待ちの売りに押され、13.7%安と大きく下落しました。

売買代金上位では、プレミアアンチエイジング(4934)やウェルスナビ(7342)が利益確定売り優勢でした。

また、カオナビ(4435)などが週間のマザーズ下落率上位でした。

一方、マネーフォワード(3994)は5.0%高、売買代金上位ではQDレーザ(6613)などが買われ、i-plug(4177)が上昇率トップとなりました。

ジャスダック主力では、日本マクドナルドHD(2702)が0.9%高と安定しており、シキノハイテック(6614)フェローテックHD(6980)が賑わい、アクセスグループ・HD(7042)が週間のジャスダック上昇率トップになりました。

6月2日にはメイホーHD(7369)マザーズ等に新規上場、1カ月以上ぶりのIPOだったが、公開価格の2倍を超える初値を付けました。

来週の新興市場では、マザーズ指数は上値こそ重いですが、まずまず底堅く推移するだろうと思われます。

今週末の米国市場では、5月雇用統計を受けて金融緩和の早期縮小観測が後退し、ハイテク株に買いが入りました。

東京市場では新型コロナウイルスワクチン普及による経済活動再開も意識されてか、高バリュエーションのIT関連株を見直すムードに乏しいですが、米ハイテク株の持ち直しなどは支援材料となると思います。

来週は、6月7日にビジョナル(4194)、10日にステムリム(4599)、アクシージア(4936)、11日にスマレジ(4431)、Macbee Planet(7095)などが決算発表を予定しています。

転職サイト「ビズリーチ」等のビジョナルは4月の上場後、初の決算発表となり、コロナ禍による採用抑制からの回復を背景に、売上成長が再加速してくるか注目されます。

新興市場でも飲食業向けビジネスのクックビズ(6558)などが騰勢を強めており、経済活動再開を意識した物色の広がりが見込まれます。

IPO関連では、6月10日にテンダ(4198)ジャスダックへ、ワンダープラネット(4199)マザーズへそれぞれ新規上場します。

テンダはITソリューション等、ワンプラはスマートフォン向けゲームを手掛け人気化しそうですが、メイホーHDを見ても短期資金主導の初値形成という印象が強くその後下落しているのでセカンダリーの買いには注意が必要です。

 

また、今週はBCC(7376)(7月6日、マザーズ)など3社の新規上場が発表され新興市場にも資金が集まり活性化されると思いますが銘柄選定が重要です。