続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

5月26日 東京オリンピック開催の株価への影響

 

東京オリンピック開催の株価への影響

 

オリンピック開催といえば、金融市場では景気浮揚効果から株価にはプラスと思われています。

 

しかし現在、コロナの感染が収まらない中、既に1年延期された東京オリンピックは、追加的な経済効果が乏しいだけでなく、政局への影響や感染拡大懸念から株式市場の重しとなりやすく、開催を延期・中止した方が日本株にプラスに働くとの見方が、ここにきてマーケットで急浮上しています。


市場関係者が懸念するのが、反対の声が強い国内世論を押し切って開催した場合の政権への影響です。

各社世論調査でも既に菅政権の支持率が低下している中、開催を強行すれば総選挙を前に政治が不安定化するリスクが高まります。

政治リスクにとりわけ敏感なのが海外投資家です。

 

海外投資家は5月第2週に現物・先物合計で1兆円以上の日本株を売却し、昨年3月初め以来の大幅売り越しを記録しました。

海外のリアルマネー投資家から日本の政治リスクに関する問い合わせが増えています。

日本株は2月半ばから3カ月もアンダーパフォ―ムしており、欧米だけでなく、新興国ソブリン系投資家など、日本株に首をかしげる投資家が増えているのが現状です。

本格的に売り始めているわけではありませんが、日本市場個別のリスクとして、コロナ対策に失敗して政治が大きく変動するリスクがどの程度あるのか評価している段階です。


また、ワクチン接種率が他の先進国に比べ大幅に低い中でオリンピックが実施された場合、開催に伴って感染が再び拡大する懸念がつきまといます。

 

五輪が再延期もしくは中止となれば、あく抜けして日本株は買われるのではないか。

それが決まれば政府としても感染対策に注力できます。

 

オリンピックがなくなることによって、日経平均は3万2000円くらいまで上昇するのではないかという声も聞こえてきました。

東京オリンピック開催に伴う政治的・社会的リスクをそれほど重視しない投資家も存在しますが、それでも、オリンピックが市場にもたらす追加的メリットがほとんどないという見方も多くなっています。

競技場の建設などは昨年までに終わっている上、既に海外からの観客受け入れ見送りが決定されたほか、国内の感染状況も緊急事態宣言の再延長が見込まれるなど不安定なことから、実施される場合でも無観客となる可能性も十分あるとの見方が強まってます。

そうなると消費の盛り上がりは期待できず、追加的な経済浮揚効果は限定的と見られます。

株式市場にとって、オリンピックを実施するかしないかは、もはや大きな問題ではなく、この世論の中、実施した場合の、菅政権への影響が大きく政局が安定しなくなるリスクが大きいことが懸念材料です。

野村総研ソニーフィナンシャルホールディングス(SFH)などの試算でも、経済効果は最大で2兆円足らずで、日本の名目国内総生産(GDP)の0.3%程度の影響と思われます。それより、コロナ禍に伴う国内消費の落ち込みはこれより大きいと思われます。

観光庁の調査によると昨年7─9月期の国内旅行消費額は3兆円程度と、2019年の6.7兆円から3.7兆円も低下しており、外食や娯楽の自粛の影響などもあわせると損失はさらに大きいと見込まれるます。

日本の潜在成長率は0─0.5%程度でありGDP比で約0.3%の機会損失の発生はまったく問題ないとはいえませんが、深刻な景気後退に陥るほどのインパクトはないと思います。

 

大会開催の有無自体は景気を大きく左右するものではありませんが、感染の長期化の方が景気には明らかにマイナスでオリンピック中止の方が若干の景気後退よりも株式市場ではポジティブにとらえられると思います。

 

 

 

概況

日経平均株価は前日比88円21銭高の2万8642円と5営業日続伸して取引を終了しました。

朝方は、25日の米国株安を受け、売りが先行し、2万8396円(前日比157円安)と安く寄り付きました。

その後は切り返し、時間外取引での米株価指数先物高を支えに上げに転じました。

先物にまとまった買いが入ったこともあり、一時2万8710円(前日比156円高)まで値を上げる場面がありました。

一巡後は戻り売りに上げ幅を縮小しましたが、先物に断続的な買いが入り、後場終盤に向けて持ち直しました。

東証1部の出来高は10億9663万株、売買代金は2兆4138億円、騰落銘柄数は値上がり768銘柄、値下がり1308銘柄、変わらず116銘柄でした。

日銀は26日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送りました。

 

 

今日の取引き

6月にはIPOが多くあるので動きの悪い新興株を損切りしました。

立会外分売の当たったピエトロは前場で利確しました。

 

 コーユーレンテイア(7081) 1459円 100株 売却

イーロジット(9327)    1809円 100株 売却

 

ピエトロ(5802)     1598円 100株買い  1674円 100株 売却 

立会外分売

 

オーケーエム(6229)   1522円 100株買い  1529円 100株 売却

エアーウオーター(4088) 1802円 100株買い  1810円 100株 売却 

 

 

今日の確定利益は2400円でした。