続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

4月27日 株価動向

  

概況

日経平均株価は前日比134円安の2万8991円と反落して取引を終了しました。

朝方は、26日の米ナスダック総合指数が最高値を更新した流れを受け、半導体関連株の一角などが買われ、寄り付き直後に2万9187円(前日比60円高)まで上昇しました。

しかし、買いは続かず、いったん下げに転じました。

その後しばらく前日終値近辺でもみ合いましたが、上値は重く、次第に軟化しました。

外国人売り観測が根強く、下げ幅を広げ、大引け間際には2万8990円(前日比136円安)まで値を下げました。

なお、日銀は27日の金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定(正午に報道)し、展望リポートでは物価見通しを引き下げましたが、反応は限られました。

東証1部の出来高は11億5937万株、売買代金は2兆4409億円、騰落銘柄数は値上がり749銘柄、値下がり1338銘柄、変わらず103銘柄でした。

欧州系ファンドによる大型株中心の売り注文が見られるようです。

日本でも広がる新型コロナ変異株への警戒なのかは定かではありませんが、一部中東マネーも売りに動いており、海外の売りが膨らんでいるようです。

日銀は27日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送りました。

 

今日の取引き

 

キャノン(7751)     2627円  100株買い  2637円  100株売却

キャノン(7751)     2624.5円 100株買い  2618.5円 100株売却

 

今日の確定利益は400円でした。