続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月4日 株価動向

日銀のJREIT買い見直し

日銀が3月の金融政策の点検で不動産投資信託(J-REIT)の買い入れを見直すかが市場で注目されています。

これまでの購入により、現行ルール上の買い入れ限度額の「リミット」に迫る銘柄が見られるようになってきたためです。

このままではいずれ現行ペースでの買い入れが難しくなり、緩和の後退にもつながりかねなません。

アナリストや日銀の一部からは、政策ツールの持続性・有効性確保に向けてルール修正などの可否が議論になる可能性があるとの声が出ています。

コロナで大幅に下落したため買い入れ増

日銀は新型コロナウイルスの感染拡大で市場が不安定になったことに対応し、昨年3月に資産買い入れの積極化を打ち出しました。

J-REITの残高増加ペースは年間約1800億円を上限とし、原則の約900億円から倍増させています。

この結果、2020年12月末のJ-REITの残高は前年同月比20.6%増の6696億円と大幅に増加しました。

増加額は1145億円と、18年末から19年末にかけての増加額506億円に対して2倍以上となりました。

足元ではコロナ危機対応で拡大した1回当たりの買い入れ額は縮小していますが、個別銘柄では保有比率がルール上の上限に近づいてきたものもでてきました。

J-REIT購入には格付けがAA格相当以上、年間売買成立日数200日以上かつ年間売買累計額200億円以上、買い入れ限度額は各REITの発行投資口総数の10%以内といった基準が設けられています。

日銀が提出した大量保有報告書を基にみずほ証券がまとめたところ、21年1月初旬の時点で、日銀が保有していると確認できる23銘柄のうち7銘柄で保有比率が9%台に達していることが分かりました。

みずほ証券によると、1回当たりの買い入れ額を12億円、月間6回購入するとして試算した場合、保有比率が9.45%に達しているジャパンエクセレント投資法人は早ければ今年6月か7月、同9.48%の福岡リート投資法人は8月か9月にも上限に到達する可能性があります。

一部の銘柄で上限が近いことから、この点検のタイミングで買い入れルールの見直しが行われることは十分にあり得ると思います。

保有比率上限の引き上げや買い入れ対象としてJ-REIT特化型ETF(上場投資信託)の追加、外部格付けA格以上への引き下げなどの対応が考えられます。

日銀内では、J-REITの買い入れ上限の引き上げや要件の緩和に慎重な意見も少なくないようです。

ETFの購入と同様、異例の政策対応である上、市場規模が小さく、買い入れによる個別の資金配分への関与もより強まることになるためです。

保有比率が上昇することによって経営への関与度合いが増すことを回避したい考えもあります。

より低い格付けの銘柄を対象にするといった措置についても、日銀内には、市場が大きく動揺した場合は排除されないが、点検の議論からは生じづらいとの見方があります。


REITはETF以上に買っていることの説明が付きにくいおので、一時的な政策として始めたはずが、止められずにここまで来てしまったとの声も日銀内では聞かれています。

いずれ出口戦略を取らざるを得ない中、日銀としてはいたずらに買い入れを増やしたくないというのも実情のようです。

一方、個別銘柄が購入限度額の上限に達したことで、この先の買い入れに支障が出る事態となれば、緩和は継続する方針と齟齬(そご)が生じる可能性も出てきます。

日銀内からも、今回の点検でJ-REITの買い入れ方法の修正が行われる可能性があるとの声も聞かれています。

日銀はJ-REIT買い入れを10年12月に開始し、当初は銘柄別の買い入れ限度は発行済投資口数の5%以内としていました。

しかしその後、残高がこの水準に近づく銘柄が増え、15年12月に現在の10%以内に引き上げました。

黒田総裁のみならず、若田部昌澄副総裁も先だって2月3日の講演で、今回の点検は金融緩和の後退方向での議論ではないと強調しており、市場参加者の間では、日銀はJ-REITの買い入れを継続するという共通認識があるようです。

その中で、銘柄によっては買い入れ上限まで達しつつあるという現実に、どのような方法で対応するのか、日銀は難しい判断が迫られています。

 

概況

日経平均株価は、前日比628円安の2万8930円と大幅反落して取引を終えました。

下げ幅は2月26日(1202円安)に次ぎ今年2番目の大きさでした。

現地3日の米国株式が反落したことに加え、菅義偉首相が3日、1都3県に発令している新型コロナウイルスの緊急事態宣言を延長すると表明したこともあり、経済への影響を警戒する動きもあり、売りが先行しました。

時間外取引で米株価指数先物が下落し、4日の中国・上海総合指数も反落したことが重しとなりました。

後場に入り、株価指数先物に断続的な売りが出たことから、午後1時7分には、前日比848円安の2万8711円04銭と本日の最安値を付けました。

その後は、短期的な売られすぎ感から、下値を拾う動きも出たもようで、下げ渋る格好となりました。

外国為替市場では、ドル・円相場が107円05銭前後と、小動きが続いています。

東証1部の出来高は12億8561万株、売買代金は2兆7612億円、騰落銘柄数は値上がり787銘柄、値下がり1295銘柄、変わらず112銘柄と日経平均株価が暴落した割には値上がり銘柄は多い状況でした

日本株は世界の景気敏感株との位置付けから、世界的な景気回復期待で買われましたが、米国での金利上昇への警戒感が強まったことから、海外投資家が売りに回ったようです。

 

今日の取引き

メタルアート(5644)   1587円 100株買い 立会外分売

15万7800株と比較的多い分売でした。

終値は1596円 売り目標は1630円です。

 

今日は損益に関わる取引は行いませんでした。