続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月3日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比150円高の2万9559円と反発して取引を終了しました。

朝方は、時間外取引(日本時間3日)での米株価指数先物高を受け、買いが先行しました

昨日の大幅反落(255円安)した反動もあり、いったん2万9500円台を回復しました。その後、利益確定売りに下げに転じる場面もありましたが、一巡後は盛り返しました。

先物にまとまった買い物が入ったこともあり、大引け近くには2万9604円(前日比196円高)まで上昇しました。

中国上海総合指数や香港ハンセン指数が堅調に推移し、支えとして意識されました。

東証1部の出来高は12億650万株、売買代金は2兆4664億円、騰落銘柄数は値上がり1338銘柄、値下がり776銘柄、変わらず80銘柄でした。

日経平均が3万円に近づけば売りが出てきますが、下がれば買いが入っきます。

ただ、米長期金利の上昇懸念が尾を引いており、積極的には動けず、材料待ちの状態です。

日銀は3日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送りました。

 

 

今日の取引き

 

キリンHD(2503)    2108円  100株売却

 

今日の確定利益は1500円でした。