続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

2月17日 株価動向

今日は少し下げましたが底堅い動きでした。

JREITが利確されて大きく下げましたが商社、銀行は強く日経平均は下がりましたが

値上がり銘柄の方が多く全体に強い動きです。

為替も106円前後で円高から円安にシフトしています。

過剰流動性とともに新型コロナワクチンの普及による世界経済の回復期待が強く、依然として先高観は根強いようです。

 

概況

日経平均株価は前日比175円安の3万292円と3日ぶりに反落しました。

朝方は、昨日までの上昇ピッチが速く短期的な過熱感への警戒から、利益確定売りが先行しました。

長期金利上昇に米ハイテク株安も重しとなり、一時3万191円(前日比276円安)まで下落する場面がありました。

一巡後はいったん下げ幅を縮小したが、買いは続かず、前引けにかけて安値圏で停滞しました。

後場は、押し目買いに再度下げ渋りましたが、利益確定売りに上値を抑えられ、戻りは限定されました。

東証1部の出来高は13億7152万株、売買代金は2兆7670億円、騰落銘柄数は値上がり1145銘柄、値下がり965銘柄、変わらず84銘柄と日経平均は下がりましたが値下がり銘柄より値上がり銘柄の方が多く底堅い動きでした。

水準的には利益確定売りや短期筋の売りが出やすいですが、一方で買えていない人も多く押し目買い意欲は根強いと思います。

目先調整で相場が下がっても、世界的にコロナウイルス感染症は収束の方向に向かっており、再び盛り返してくると思います。

日銀は17日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)の購入を見送りましたが、J━REITは前回2020年12月29日以来の同額の12億円を買い入れました。

 

 

今日の取引き

 

リベルタ(4935)       1268円 100株買い

今日も大きく下げました。

決算内容から見ればあきらかに売られすぎですが一旦1200円を切るレベルまで調整するかもしれません。

一日信用の現引きです。

終値は1252円 売り目標は1320円です。

 

インフォ―ネット(4444)  1335円 100株買い 1349円 100株売却

東京通信(7359)      1889円 100株買い 1919円 100株売却

東京通信(7359)      1906円 100株買い 1904円 100株売却

スタメン(4019)      1228円 100株買い 1234円 100株売却

参天製薬(4536)      1574円 100株買い 1572円 100株売却

 

今日の確定利益は3600円でした。