続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

1月4日 株価動向

概況

日経平均株価は前年大納会終値比185円安の2万7258円と続落しました。

朝方は、前年末12月31日の米国株式市場でNYダウが最高値を更新した流れを受け、寄り付き直後に2万7602円(前年大納会終値比157円高)まで上昇しました。

その後は、上げ幅を縮小して下げに転じました。

菅義偉首相が首都圏1都3県での緊急事態宣言を発令する方向で調整に入ったと報じられ、株価指数先物主導で一時2万7042円(前年大納会終値比401円安)まで大幅に下落しました。

一巡後は前引けにかけていったん下げ渋りました。

菅首相が午前11時からの会見で1都3県での緊急事態宣言を発出することを検討する考えを表明したが、報道が先行していたこともあり、影響は限定的でした。

後場は、下げ幅を広げて始まり、大引けにかけて上値の重い展開となりました。

日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに底堅い場面もあったが、利益確定売りに抑えられました。

 

日銀は4日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)を501億円、J━REITを9億円購入しました。
ETFの購入額は前回(昨年12月30日)の701億円から約3割少なく、買い入れた日としては2016年以来の低水準となり、J―REITの買い入れ額は2014年10月以来の低水準でした。
足元では日経平均が堅調に推移して2万7000円台を回復し、市場関係者の間では日銀のETF買いについて懐疑的な見方も出ています。

株高が続く中、日銀もETFの買い方を見直し始めたように思います。

 

今日の取引き

 

スタメン(4019)      1582円 100株買い 

 毎日大きく乱高下していますが1550円から1650円のレンジで当面動きそうです。

終値は1563円 売り目標は1630円です。

エクセデイ(7278)     1238円 100株買い

コロナの感染者増で大きく売られていますが、4153円の1株当たり純資産と配当金60円は1200円が底だと思います。

終値は1242円 売り目標は1260円です。