続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

12月16日 株価動向

 

今日は昨日上場したIPO銘柄のビーイングホールディングス(9145)とスタメン(4019)に絞って取引をしました。

 

ビーイングホールディングス(9145)のチャート

f:id:zikkunn:20201216183920p:plain

 朝一番に1295円をつけ大きく上昇するかと思いきや15分後には今日の安値の1168円をつけました。

 その後は1220円と1240円の間を行き来する動きになりここで一日信用で利益を出しました。

後場に入ると大きく上昇し昨日買った200株を利食いしました。

13時30分から1300円を割る展開になりここで取引をスタメン(4019)に切り替えました。

 

スタメン(4019)のチャート

f:id:zikkunn:20201216183952p:plain

 

 スタメン(4019)は昨日のPTSで値上がっていましたが9時15分くらいには早々と2000円を超えて大きく上昇すると思いましたが9時20分くらいには1900円を割りました。

しかし9時40分くらいから暴騰し10時44分には今日の高値である2095円をつけました。

 11時30分には1950円まで下落し前場の取引きを終えました。

後場から参戦し1945円から1970円の間で一日信用で取引しました。

後半上がるかと思い1942円と1949円で買いに入ったのですが14時半には1900円まで下落しその後は雪崩のように暴落し14時58分には1800円を切って1790円まで下落しました。

 

今日は20000円強利確出来ましたが スタメン(4019)は大きな損失をかかえて持ち越しました。

ただ最近のIPOは乱高下が激しく売り目標は2000円です。

明日も5社のIPOが上場します。

IPOで大きく利益を出している投資家の再投資を期待します。

概況

日経平均株価は前日比69円高の2万6757円と反発して取引を終えました。

朝方は、買いが先行しました。

米追加経済対策への期待感などを背景に15日の米国株式が上昇した流れを受け、前場早々に2万6874円(前日比187円高)まで値を上げました。

一巡後は、高値警戒感から利益確定売りに上げ幅を縮小し、後場入り後には2万6717円(前日比29円高)まで押し戻されました。

円高・ドル安歩調も重しとして意識された。その後いったん持ち直しましたが、戻りは鈍くなりました。

現地16日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に手控え気分となりました。

東証1部の出来高は11億1010万株、売買代金は2兆1404億円、騰落銘柄数は値上がり1000銘柄、値下がり1083銘柄、変わらず99銘柄でした。

円高の影響は限定的だと思います。

FOMCについては、結果次第で一時的に揺れることもあると思いますがが、基本的には無難に通過し、方向性を決めるまでには至らないと思います。

 

 

今日の取引き

スタメン(4019)          1942円 100株買い

スタメン(4019)          1949円 100株買い

 

ビーイングホールディングス(9145) 1346円 100株売却

ビーイングホールディングス(9145) 1367円 100株売却

  

ビーイングホールディングス(9145) 1212円 100株買い 1250円 100株売却

ビーイングホールディングス(9145) 1226円 100株買い 1238円 100株売却

ビーイングホールディングス(9145) 1227円 100株買い 1239円 100株売却

ビーイングホールディングス(9145) 1229円 100株買い 1239円 100株売却

ビーイングホールディングス(9145) 1229円 100株買い 1243円 100株売却

スタメン(4019)          1945円 100株買い 1974円 100株売却

スタメン(4019)          1945円 100株買い 1976円 100株売却

スタメン(4019)          1949円 100株買い 1963円 100株売却

 

今日の確定利益は21200円でした。