続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

12月7日 株価動向

 

概況

日経平均株価は前週末比203円安の2万6547円と大幅に続落しました。

朝方は、買いが先行しました。

米追加経済対策への期待感から前週末の米主要株価指数がそろって最高値を更新した流れを受け、2万6894円(前週末比143高)と高く寄り付きました。

その後は利益確定売りに押され、いったん下げに転じました。

前週末終値を挟んで小幅にもみ合う場面もありましたが、次第に軟化していきました。

時間外取引の米ダウ先物がさえず、中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の下げも重しとなり、後場入り後には一時2万6500円(前週末比250円安)まで下げ幅を拡大しました。一巡後は下げ渋りましたが、戻りは限定され、大引けにかけて2万6500円台半ば近辺で停滞しました。

東証1部の出来高は11億6647万株、売買代金は2兆2428億円、騰落銘柄数は値上がり395銘柄、値下がり1714銘柄、変わらず70銘柄でした。
日経平均は2万7000円手前で上値が重くなり、短期調整の色合いですが、下がれば押し目買いが入り、下降トレンドになるような動きではないです。

しかし、とりたたて好材料があるわけではないので、追加の景気対策の行方やワクチン接種動向などに一喜一憂する動きになると思います。 

日銀は7日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送りました。

 

 

今日の取引き

インフォ―ネット(4444)  1402円  100株買い 1409円 100株売却

インフォ―ネット(4444)  1350円  100株買い

金曜日に1日信用で買っていたのですが、決済できず、持ち越してしまい、

今日強制決済されました。

手数料も3588円と大きく、大きい損失でした。

朝一で買いを入れたのですが10000株以上の売り物がでて大きく下げてしまいました。

一日信用は損切りするにしても現引きするにしても14時55分までには決済する必要があります。

 

応用地質(9755)      1217円  200株買い

菅首相が環境に配慮した経済活動を促すグリーン投資を成長の柱に据えることを表明しました。

洋上風力発電拡大にらみ海底探査強化を主力にしている企業ですので中長期では有望と見られます。

終値は1212円、売り目標は1230円です。

スターツプロシード(8979) 193600円 1株買い

今日は地合から売られましたが配当が下支えになって196000円くらいには戻ると思います。

終値は191100円、売り目標は196000円です。

三越伊勢丹(3099)     563円   100株買い 565円 100株売却

 

今日の確定損失はマイナス8800円でした。