続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

11月30日 株価動向

投資信託で資産形成 ひふみ投信

 

今日は直近のIPO 銘柄が暴落しました。

クリーマ(4017)が前日比610円安の4690円、MITHD(4016)が前日比535円安の2465円、ジオコード(7357)がストップ安の前日比700円安の3025円、アララ(4015)が前日比205円安の2795円。

これではセカンダリーで買う人がいなくなります。

今日上場のバリオセキュア(4494)は公募価格2250円、初値2150円、終値は本日の最安値2010円でした。

今日は地合いも悪かったですがIPO銘柄がこれだけ総崩れするのは珍しいです。

12月には多くにIPOが新規上場するので売買は慎重な空気になると思います。

IPO銘柄以外でも今日は優良株も大きく売られました。

NYの先物が売られているので調整が入るかもしれません。

 

 

概況

日経平均株価は前週末比211円安の2万6433円と5営業日ぶりに大幅に反落しました。朝方は、買いが先行して始まりました。

前週末27日の米国株式市場でNYダウが反発し、ナスダック総合指数が連日で最高値を更新した流れを受け、寄り付き直後に2万6834円(前週末比189円高)まで上昇しました。しかし、直近連騰による高値警戒感から、一巡後は利益確定売りに下げに転じ、いったん2万6600円割れ水準まで軟化しました。

再度プラス圏に持ち直す場面もありましたが、時間外取引の米ダウ先物安が重しとなり、株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大し、後場後半には一時2万6405円(前日比238円安)まで下落しました。

その後の戻りは限定され、前引けにかけて安値圏で推移しました。

MSCI日本指数の銘柄入れ替えなどの需給イベントにより、東証1部の出来高は24億8779万株、売買代金は4兆7669億円と大きく膨らみました。

騰落銘柄数は値上がり335銘柄、値下がり1810銘柄、変わらず32銘柄でした。

10月末から一時3800円超の上昇を演じ、当然の一服と言え、米ダウ先物安を織り込みにいっている面もあります。

ただし、高値水準でド陰線となり、調整入りの可能性がないとは言い切れず、明日以降の動向を見極め慎重な取引が必要です。

 

今日の取引き

エクセデイ(7278)      1289円 100株買い

エクセデイ(7278)      1272円 100株買い

今日は年初来安値の1234円で引けました。

まさかここまで売られるとは思いませんでした。

決算の内容からも大きく売られすぎています。

売り目標は1300円です。

 

みずほFG(8411)      1359円 100株買い

特に売り材料はないですが都銀全般に大きく売られました。

終値は1327.5円 売り目標は1400円です。

 

三菱商事(8058)      2479円 100株買い

ファンドの月末確定売りかもしれませんが大きく下げました。

一日信用で200株買っていたので100株現引きしました。

終値は2433円 売り目標は2500円です。

 

アララ(4015)       2816円 100株買い 2854円 100株売却

エアーウオータ(4088)   1733円 100株買い 1744円 100株売却

森トラスト(8961)    126200円 1株買い 126300円 1株売却

森トラスト(8961)    126200円 1株買い 126600円 1株売却

三菱商事(8058)      2467円 100株買い 2442円 100株売却

  

今日の確定利益は2900円でした。