続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

11月24日 株価動向

 

概況

日経平均株価は前週末比638円高の2万6165円と4営業日ぶりに大幅に反発しました。バブル崩壊後の高値を更新し、1991年5月10日(終値2万6274円)以来29年半ぶりの高値水準となりました。

一方、TOPIX(東証株価指数)は前日比35.01ポイント高の1762.40ポイントと1月20日の年初来高値(終値1744.16ポイント)を更新し、2018年10月10日(終値1763.86ポイント)以来2年1カ月ぶりの高値水準となりました。

朝方は、新型コロナワクチン期待を背景に23日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行しました。

円安・ドル高や、時間外取引の米株価指数先物高も追い風となり、日経平均株価は上げ幅を拡大し、後場序盤には2万6261円(前週末比734円高)まで上昇しました。

その後は、利益確定売りに抑えられ、上値が重くなりましたが、買い圧力も大きく、大引けにかけては底堅く推移しました。

 

東証1部の出来高は13億9869万株、売買代金は2兆9478億円、騰落銘柄数は値上がり1639銘柄、値下がり466銘柄、変わらず73銘柄と大商いでした。

海外の好材料と国内の需給要因が合わさり、さらに上へと進みそうに思われます。

感染拡大や経済活動抑制の動きよりも好需給が優っています。

日銀は24日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの購入を見送りました。 

 

 

今日の取引き

今日はJREITの一日信用取引を中心に行いました。

特に日本リテールファンド(8953)は下がっていたのでこまめに取引をして利確をしました。

ただ前場は161000円から162000円の間を行ったり来たりだったので後場に大きく下げそうな予感がして小さな利確にとどまりました。

引け間際に164500円で指していたのが売れ160000円まで下がれば買い165000円前後で売るパターンで利確するのが現時点では利益を出しやすいです。

株価の上昇が急すぎるので利益の出ている株は利確して暴落に備えようと思っています。

ただ、12月末までは大きく下げる感じはなく来年のバイデン政権が始動するくらいの2月くらいには下げる気がします。

もっとも株価に影響を与えるのは新型コロナウイルスですので感染者が増大すれば暴落しますし、ワクチンの投与が早くなれば暴騰します。

経済のファンダメンタルズ以上にコロナの影響は甚大です。

 

日本リテールファンド(8953) 164500円 2株売却

エクセデイ(7278)      1330円  100株売却

三菱商事(8058)       2550円  100株売却

 

日本リテールファンド(8953) 161100円 1株買い 162200円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 161700円 1株買い 162200円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 161200円 1株買い 161500円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 161200円 1株買い 161700円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 161400円 1株買い 161900円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 161700円 1株買い 163700円 1株売却

いちごオフィスリート(8975)  69100円 1株買い 69600円 1株売却

森トラスト(8961)      124900円 1株買い 125300円 1株売却

スターツプロシード(8979)  194100円 1株買い 194200円 1株売却      スターツプロシード(8979)  194700円 1株買い 194900円 1株売却

 

今日の確定利益は22900円でした。