続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

9月9日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比241円安の2万3032円と大幅に反落しました

朝方は、8日の米国株式がハイテク株中心に下落した流れを受け、売り優勢で始まりました。英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発する新型コロナウイルスワクチンで安全性の懸念が生じ、最終段階の臨床試験(治験)を中断していると報じられたことも重しとなり、一時2万2878円(前日比395円安)まで下落し、前引けにかけて安値圏で推移しました。

後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ渋りました。

時間外取引での米ナスダック100先物高も持ち直しにつながりましたが、戻りは限定されました。

東証1部の出来高は13億6045万株、売買代金は2兆4180億円、騰落銘柄数は値上がり588銘柄、値下がり1497銘柄、変わらず87銘柄でした。

日銀のETF買いが入ったとみられますが、日経平均2万3000円割れは押し目買いが入りやすい水準でもあります。

ただ、上値は相変わらず重く、米ハイテク株安への警戒感は消えておらず、結局は外部要因頼みになります。

日銀は9日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)を前回9月4日と同額の801億円買い入れましたが、J━REITの買い入れは行いませんでした。。
設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業のETFは、前回9月8日と同額の12億円を買い入れました。

 

 

今日の取引き

スターツプロシード(8979)   199400円  1株買い

終値は198100円と14時59分に多く下げました。

売り目標は200000円です。

最近JREITは14時55分以降に大きく売られ翌日か翌々日に戻すケースが増えていますが

基本的には利回りが下値抵抗線になっており極端な暴落はありませんが反対に暴騰もないのでこまめな取引になります。

コマツ(6301)        2333円  100株売却

IPOの申し込みと建機はしばらく上がらないと思い損切りしました。

 

インフォ―ネット(4444)   1501円  100株買い 1509円 100株売却

日本リテールファンド(8953) 154300円 1株買い 154900円 1株売却

日本リテールファンド(8953) 154500円 1株買い 154300円 1株売却

JT(2914)          1963円  100株買い 1965円 100株売却     JT(2914)          1963円  100株買い 1965円 100株売却

スターツプロシード(8979)  199500円 1株買い 200900円 1株売却

MIDCITY投資法人(3227)   77400円 1株買い  77600円 1株売却

MIDCITY投資法人(3227)   76700円 1株買い  77300円 1株売却

 

今日の確定損失はマイナス15100円でした。