続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

8月12日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比93円高の2万2843円と続伸しました。

TOPIX(東証株価指数)は同19.57ポイント高の1605.53ポイントと続伸し、6月10日(終値は1624.71ポイント)以来の1600ポイント乗せとなりました。
朝方は、米追加経済対策をめぐる不透明感から11日の米国株式が下落した流れを受け、日経平均株価は弱含んで始まりましたが、円安・ドル高や時間外取引での米株価指数先物高もあって、上げに転じました。

再度マイナス圏入り後に持ち直し、一時2万2874円(前日比124円高)まで上昇する場面もありました。

一巡後は再び小安くなりましたが、後場序盤にかけて戻り歩調となり、前場高値に迫りました。

その後、上値が重くなりましたが、大引けにかけては2万2800円台半ば近辺で推移しました。
東証1部の出来高は14億9113万株、売買代金は2兆5602億円、騰落銘柄数は値上がり1641銘柄、値下がり472銘柄、変わらず60銘柄でした。

ハイテク系の上値が重くなり、バリュー(割安)株買いが強まり、リターン・リバーサル(逆張り)的な感じですが、買い戻しが主体なら長続きしそうにないと思います。

 

今日の取引き

スターツプロシードリート(8979) 201000円 2株売却

昨日14時59分から暴落しましたが誤発注だったようです。

もう少し持ちたかったですが日本リテールファンド(8953)を買い増そうと売却しました。

 

日本リテールファンド(8953)は145200円まで上がり買えませんでした。

150000円で6%利回りなので143000円くらいになれば買い増そうと思います。

 

インフォネット(4444)21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は3400万円の赤字(前年同期非連結は4900万円の赤字)に赤字幅が縮小し、併せて、従来、非連結としていた21年3月期決算を連結決算に移行しました。
21年3月期の連結経常利益は前期非連結比22倍の1億3400万円の見通しとした。
同時に、従来未定としていた今期の上期配当を見送る方針とした。
直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-34.4%→-26.8%に急改善した。

20時49分時点でPTS(夜間取引)が1340円です。

明日は売られると思います。

昨日利確して正解でした。

1200円台に落ち込めばまた買おうと思います。

今日は松井証券の株式評価額が20万ほど上昇し、マネックス岩井証券も合わせると30万以上上昇しました。

20時57分現在日経平均先物CME(円建て)が211円プラスの23055円になっておりドル、円も106.94円と明日も株価の上昇の可能性が高いです。

ただコロナは沈静化していないので現金比率をあげていこうと思います。

 

今日の確定利益は200円でした。