続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

8月11日 株価動向

概況

日経平均株価は前週末比420円30銭高の2万2750円24銭と4営業日ぶりに大幅に反発しました。

トランプ大統領が現地8日に追加経済対策の大統領令に署名し、10日のNYダウが上昇、円安・ドル高もあって、朝方は買いが先行して始まりました。

株価指数先物買いを交えて上げ幅拡大の流れとなった。香港ハンセン指数高も支えとなり、大引け近くには2万2760円(前週末比430円高)まで上昇しました。
東証1部の出来高は16億2714万株、売買代金は2兆7430億円、騰落銘柄数は値上がり1810銘柄、値下がり330銘柄、変わらず33銘柄と全面高でした。
日経平均は25日線を回復しましたが、レンジを越えた訳ではなく、下値では買い戻しが入りますが、上値では戻り売りが警戒され、強弱感が出ており一本調子の上げとはいかないようです。

 

今日の取引き

日本リテールファンド(8953) 140100円 2株買い

 

日本リテールファンド投資法人4月に公表した自己投資口の取得を完了した。取得した投資口数は15,534口(発行済投資口数の0.59%)。取得総額は約20億円。取得した投資口は全て第37期(2020年8月期)中に消却する。
併せて新型コロナウイルスによる影響が概ね判明したことから、業績予想を修正。
修繕費等のコスト削減を行う一方、緊急事態宣言に伴うテナントからの賃料減額要請により、緊急事態宣言発令前の4月時点の業績予想に対し730百万円減収を想定し、2.5%減益を見込む。一時差異等調整積立金より31百万円を取り崩し、また内部留保額を503億円から265百万円に減額、投資口数0.59%減少により、1口当たり分配金は4,500円と前回予想と変わらない予定。
なお、第38期(2021年2月期)業績予想は、4月公表時から変更なし。

年間配当(9000円)が減配にならないことから株価140000円で6.4%の利回りになり

150000円くらいが適正化と思い購入しました。

終値は138500円と14時58分以降に急落しましたが明日は戻ると思います。

8月が配当月なので月末まで持とうと思っています。

売り目標は160000円です。

 

スターツプロシード(8979) 200900円 2株買い

 

終値は187100円と5月21日以来の190000円割れになりましたが年間配当(9950円)から210000円くらいが適正株価だと思います。

レジデンス系なのでコロナの影響は受けにくく配当利回りから買いなおされると思います。

売り目標は205000円です。

 

インフォ―ネット(4444)  1547円 100株売却

 

今日は大きく上がりましたが決算が不安なため一旦利食い売却しました。

決算の状況によっては買いなおします。

 

三菱地所(8802)      1680円 100株売却

 

8月7日大引け後(15:00)に決算を発表し、21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比16.7%増の513億円に伸び、通期計画の1690億円に対する進捗率は30.4%に達し、5年平均の21.2%も上回った。
直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の17.6%→21.1%に上昇した。

思った以上の決算内容で大きく上昇したのですがオフィス需要に不安があり損切りしました。

 

新日本製薬(4931)      1788円 100株買い  1803円 100株売却

 新日本製薬(4931)      1784円 100株買い  1794円 100株売却

日本リテールファンド(8953) 138800円 1株買い  139500円 1株売却

 

今日の確定利益は2000円でした。