続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

5月29日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比38円42銭安の2万1877円89銭と5日ぶりに小反落して取引を終えました。

朝方は、米中対立の激化懸念から28日の米国株式が反落した流れを受け、売りが先行しました。

直近4連騰の反動で利益確定売りが出やすく、寄り付き直後に2万1800円を割り込み、その後いったん下げ渋りましたが、買いは続かず、再び軟化しました。

時間外取引での米株価指数先物安が重しとなり、一時2万1710円(前日比205円安)まで値下がりしました。

一巡後は持ち直し、後場に入り上げに転じました。

先物に断続的な買いが入り、一時2万1955円(前日比39円高)まで上昇する場面がありましたが、買いは続かず、大引けにかけて値下がりました。

MSCIリバランス需給の影響もあり商いが膨らみ、東証1部の出来高は23億8386万株、売買代金は4兆6423億円、騰落銘柄数は値上がり674銘柄、値下がり1438銘柄、変わらず58銘柄でした。

海外勢の買い戻しが続いています。

中国政府が『香港国家安全法』の制定方針を決めたことを巡り、今晩、トランプ米大統領は会見し、中国へ制裁を科す見通しですが、厳しい内容にはならないのではとの期待感があるようです。

来週は若干売られるかもしれませんが上昇トレンドは続きそうです。

 

MSCIの定期銘柄入れ替え

MSCIモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)は世界的に有名な株価指数です。

外国人投資家には日本株のスタンダードインデックスになります。

連動ETFも存在します。

結果、MSCIの構成銘柄に採用されるだけでパッシブファンドの投資資金がその銘柄に機械的に注入されます。
このMSCI採用銘柄は、年に4回の定期見直しがなされます。

2月、5月、8月、11月のタイミングです。

これらの月の中旬に入れ替え銘柄が発表されて、証券業界ではちょっとしたニュースになります。

指数採用の旨味を知っている投資家も少なからずいるようで、発表と同時に株価が上昇することもしばしばあります。

加えて、構成銘柄のリバランスを行うタイミングで指数採用銘柄には大商いが発生します。

多くの場合が機械的な買い付け圧力による大幅な株高になります。


5月・11月:セミ・アニュアル・インデックスレビュー
2月・8月:クォータリー・インデックス・レビュー


上記2つのタイミングのうち、今回は5月の定期入れ替えのチャンスが巡ってきます。

MSCI指数の入れ替えの買い付け日は月末最終日です。

最終売買日でもなく、権利付け売買日でもなく、入れ替えのあった月の最終日です。

今年2020年の5月であれば5月29日(金)が買い付け日です。

 

日本銘柄では、日本M&Aセンター (2127.T)、伊藤園 (2593.T)、神戸物産 (3038.T)、GLP投資法人 投資証券 (3281.T)、コスモス薬品 (3349.T)、TIS (3626.T)、三浦工業 (6005.T)、レーザーテック (6920.T)、SCSK (9719.T)が新規採用となりました。


一方、J.フロント リテイリング (3086.T)、コニカミノルタ (4902.T)、東洋製缶グループホールディングス (5901.T)、SANKYO (6417.T)、アルプスアルパイン (6770.T)、IHI (7013.T)、クレディセゾン (8253.T)、イオンフィナンシャルサービス (8570.T)、商船三井 (9104.T)が除外となりました。

 

 

 今日の取引き

エアーウオーター(4088)    1575円  100株売却

1579円で売ろうとしたのですが売れず9時17分には1535円まで売られ焦りましたが

1575円で売ることができました。

決算内容からすると1600円超えるかと思ったのですが昨日のPTSも伸び悩み終値は1565円でした。

野村不動産投資法人(3462)  128600円  1株売却

マネックス証券で5月15日に116700円で買ったものを売りました。

基本的に松井証券で取引しているので手数料はかからないので(50万まで)

マネックス持ち株はあまり売買しないのですが128600円は上がりすぎたと判断したのですがその後137200円まで上がり最後の1分くらいで132500円まで急落しました。

ユナイテッドリート(8960)  115400円  1株売却

昨日の松井証券の一日信用取引の現引きですがうまく売り抜けました。

この株も117800円まで上がり最後の1分くらいで114200円まで急落しました。

 

ユナイテッドリート(8960)  111300円  1株買い  111700円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)  111200円  1株買い  111800円 1株売却

エアーウオーター(4088)    1547円  100株買い 1556円  100株売却

NTTドコモ(9437)       2966円  100株買い  2971.5円 100株売却

NTTドコモ(9437)       2969円  100株買い  2971円 100株売却

NTTドコモ(9437)       2967円  100株買い  2970円 100株売却

NTT(9432)          2463.5円 100株買い  2466.5円 100株売却

NTT(9432)          2458円  100株買い  2462円 100株売却

ソフトバンク(9434)      1351円  100株買い  1353円 100株売却

ソフトバンク(9434)      1347円  100株買い  1352円 100株売却

JREITが上がって買えなかったので通信株中心にデイトレをしました。

ここも終了間際にNTT,NTTドコモが暴落し、反対にソフトバンクが急騰しました。

デイトレはどれだけ短時間で利食うかがポイントです。

今日の確定利益は20400円でした。