続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

5月28日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比497円08銭高の2万1916円と大幅に4日続伸して取引を終了しました。

朝方から、前日の好地合いや欧米株高で買いが先行し、時間外取引で米株価指数先物が上げ幅を拡大したこともあり、堅調な動きとなりました。

後場に入り、利益確定売りに上げ幅を縮小する場面もみられましたが、200日移動平均線(27日時点で2万1655円)が意識されました。

取引終了間際の午後2時59分には507円高の2万1926円と、今日の高値を付けました。

ドル・円が1ドル=107円80銭台で、朝方の水準からやや円安方向で推移していることも買い材料にされたようです。

東証1部の出来高は20億8753万株、売買代金は3兆3816億円、売買代金が3兆3000億円を超えるのは、3月27日(3兆9093億円)以来、2カ月ぶりの大商いでした。

騰落銘柄数は値上がり1530銘柄、値下がり583銘柄、変わらず53銘柄でした。

政府が2次補正予算閣議決定するなど、今回の新型コロナ禍からの脱出に向けた対策の本気度合いが投資家に浸透し、見直し買いにつながっており、5月3週は海外投資家も772億円と6週間ぶりの買い越しでした。

ただ25日移動平均線(2万177円)との乖離率が27日の6.6%から8.6%に上昇しており短期的な過熱感が見られます。

 

JASDAQ平均は10連騰

JASDAQ平均は10連騰し、JASDAQ-TOP20は続伸し、J-Stock Indexは小反落して引けました。

値上がり銘柄数は301(スタンダード288、グロース13)、値下り銘柄数は330(スタンダード307、グロース23)、変わらずは32(スタンダード31、グロース1)でした。 本日のJASDAQ市場は、経済活動の正常化期待などを背景に日経平均も22000円に迫るなど騰勢を強めており、個人投資家のセンチメントも一段と改善し、買いが優勢でした。JASDAQ平均は一時前日比17.66円高の3408.16円まで値を上げ、10連騰に達し、3月5日以来の高値水準に達しました。

ただ、連騰に対する警戒感も根強く残っているほか、米中対立の激化や新型コロナウイルスの二次感染への警戒感もあり、積極的に上値を買い上がる雰囲気にはなりにくく、全般は狭い値幅でのもみ合い展開にとどまりました。

日経平均同様急激に上がりすぎているので一旦調整がはいると思います。

 今日の取引き

インフォネット(4444)     1350円  100株買い

ユナイテッドリート(8960)   113900円  1株買い

じげん(3679)         387円   100株買い

 

ビーアンドピー(7804)     1056円  100株買い  1040円 100株売却

ユナイテッドリート(8960)   114300円  1株買い  114700円 1株売却

平和不動産R(8966)      100900円  1株買い  101400円 1株売却

NTT(9432)          2453円  100株買い  2456円 100株売却

NTTドコモ(9437)       2969円  100株買い  2971円 100株売却

 

今日の損益はマイナス100円でした。

 

 

エア・ウォーター <4088> が5月28日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。

20年3月期の連結税引き前利益は前の期比18.3%増の498億円に伸びたが、21年3月期は前期比9.7%減の450億円に減る見通しとなった。

同時に、前期の年間配当を40円→44円(前の期は40円)に増額し、今期も44円を継続する方針とした。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比5.4%増の113億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の5.5%→5.4%とほぼ横ばいだった。

上記の決算発表から夜間取引で買いつけました。

夜間取引(PTS)
エアーウオーター(4088)    1540円  100株買い