続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

5月8日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比504円32銭高の2万179円09銭と大幅に続伸し、きょうの高値で取引を終了しました。

終値ベースで2万円台を回復するのは、4月30日以来、4営業日ぶりです。

朝方から、きのうの堅調な地合いや欧米株高などで、買いが先行しました。

日米首脳の電話会談が行われ、新型コロナウイルス感染症への対応で、治療薬・ワクチンの開発や経済の再開に向け緊密に連携することを確認しました。

景気の底割れ回避期待が台頭し上げ幅を拡大し、時間外取引で米株価指数先物が高止まりし、中国・上海総合指数が反発したことも支えとなりました。

ドル・円が1ドル=106円40銭前後と、午後に入り円安になりました。

東証1部の出来高は13億7293万株、売買代金は2兆3913億円、騰落銘柄数は値上がり1835銘柄、値下がり287銘柄、変わらず49銘柄でした。

5月限の日経平均先物・オプション5月限SQ(特別清算指数)値は2万73円69銭と2万越えでした。

日経平均株価は急な上昇すぎますが、個別ではまだ出遅れ感のある銘柄は多くあり、投資家のマインド良化もあり、個別株を物色する動きが続きそうです。

 

 

来週の日本株

米国株の強い上昇を追い風に寄り付きから2万円に迫る大幅上昇から、しばらく高値圏でもみ合った後、終盤にかけては上げ幅を500円超に広げ、高値引けとなりました。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄が8割以上と全面高になりました。

指数寄与度の大きいソフトバンクGとファーストリテイリングがそろって3%超上昇、売られていた日本製鉄やJFEHDなど鉄鋼株も急伸しました。

串カツ田中やHISが大幅高となるなど、経済活動再開をにらんだような動きも見られました。

決算銘柄ではスシローGHDやファンケルが大きく上げ、住友商事三菱商事伊藤忠など、商社株も上昇しました。

特に住友商事は減配しなかったことで減配した丸紅とは逆に大きく値を上げました。

一方、今期が減益計画となった任天堂は4%近い下落はになりました。

アンジェスが失速したことでタカラバイオやシンバイオなどバイオ関連が軒並み安となったほか、コロナ相場で買いを集めていたエムスリーやすららネットなどが売りに押されました。

米国株の動向からきょうの日経平均は上を試すとはみられていましたが、これほどの大幅な上昇は意外でした。

今晩の米雇用統計が弱い内容となることは織り込み済みと思われるますが、悪い指標が米国株の強い買い材料となるとも思えません。

それでもスルスルと上げていくということは、今は売り方の買い戻しも巻き込んで買いが買いを呼びやすい状況になっています。

週足チャートでは、先週、週末値で超えられなかった13週線(19893円、8日時点、以下同じ)をしっかり超えてきました。

次のターゲットとしては、52週線(21640円)や26週線(21760円)が控える21500円近辺が意識されます。

来週、戻り売りに押されることなく、2万円より上での値固めが進むようなら、比較的早期に回復する可能性もあります。

米国株も経済活動再開期待から主力銘柄に資金が戻りつつあり、グローバルでもリスク選好ムードが強まりやすいタイミングです。

国内では14日近辺に緊急事態の状況を月末まで継続するか否かのアナウンスが出るとみられていますが、早期解除の方向で話が進んだ場合には、買い戻しが加速する展開も期待できます。

 

今日の取引き


コニカミノルタ(4902)    396円   100株売却

コニカミノルタ(4902)    397円   100株売却

あおぞら銀行(8304)     1866円   100株売却

三菱ケミカル(4188)     606円   100株売却

コニカミノルタ(4902)    391円   100株買い  396円 100株売却

コニカミノルタ(4902)    391円   100株買い  389円 100株売却

 

今日の確定利益は1300円でした。