続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月24日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比1204円57銭高の1万8092円35銭と大幅に続伸しました。

上げ幅は15年9月9日(1343円43銭高)以来の大きさで、歴代9番目です。

1万8000円回復は今月12日(1万8559円63銭)以来7営業日ぶりとなりました。

朝方は、買い戻しが先行して始まりました。

米経済対策案の審議停滞が警戒され23日の米国株式は続落したものの、法案可決への期待感から時間外取引で米株価指数先物が上昇し、支えとなりました。

公的年金買い観測や、指数連動型ファンドの3月配当分による再投資期待などが指摘されたほか、アジア株高もあって、いったん1万8000円台に乗せました。

後場は戻り売りに伸び悩む場面もありましたが、大引け近くには一時1万8100円39銭(前日比1212円61銭高)まで上げ幅を拡大しました。

日銀による上場投資信託ETF)買いの増額や公的年金による買い観測などから、足元で日本株の売りにくさが意識されています。

その中で前日に続き、海外ヘッジファンドがこれまで買い持ちにしていた米国株を売って、売り持ちにしていた日本株を買い戻す動きを加速させたことが、相場急伸に弾みを付けました。

指数寄与度の大きいファストリテーリング、ソフトバンクグループ(SBG)、東エレクの3銘柄で日経平均を400円超押し上げた。

東証1部の出来高は22億5686万株、売買代金は3兆6191億円、騰落銘柄数は値上がり1748銘柄、値下がり394銘柄、変わらず26銘柄とほぼ全面高になりました。

短期的な海外勢の買い戻しとみられますが、一方で年金のリバランス買いや、3月期末の配当狙いの買いなども支えているように思われます。

もう一段上がれば買い戻しをさらに誘発するでしょうが、このまますんなり戻り相場に向かうには原油の相場の上昇が不可欠です。

今日は1バレル24.5ドル前後5%弱上がってますが本格的な上昇には30ドル前後が必要です。

 

         

         

 

JREITが全面高

今日はJREITが日本プロロジスを除く全銘柄が上昇しました。

ストップ高が13銘柄あり46銘柄は10%以上13上昇、その中の31銘柄は15%以上上昇しました。

3月19日に異常なほど売られた反動ですが予想分配金利回りが7%7以上のものが18銘柄ありもう少し戻しそうです。

ホテルリートは分配金が予測できませんがレジデンス、オフィス系は極端な減配はないと思います。

 

 

日経VI大きく低下

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は24日、前日比-8.98pt(下落率16.48%)の45.49ptと大きく低下しました。

高値は51.69pt、安値は36.32ptでした。

昨日の日経平均の底堅さを受けて、改めて日銀によるETF(上場投資信託)買いや公的年金など長期筋による買い観測が意識され、下値が堅いとみた短期筋が大きく買い戻しの動きに乗り出しました。

225先物は1000円超と上伸し、節目の18000円台も回復しました。

市場の不安心理が解消に向かった結果、日経VIは8日ぶりに40pt台まで低下しました。安値では一時、36ptまで下げる場面もありました。

日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値です

日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向があります。

一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っています。

 

 

 

今日の取引き

いちごオフィスリート(8975) 60600円 1株買い

ソフトバンク(9434)     1359円  100株買い

ソフトバンク(9434)     1371円  100株買い

 

いちごオフィスリート(8975) 60600円 1株買い  61600円 1株売却

いちごオフィスリート(8975) 60700円 1株買い  63000円 1株売却

福岡リート(8975)      89300円 1株買い  91300円 1株売却

 

今日の確定利益は5200円でした。