続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月19日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比173円72銭安の1万6552円83銭と続落し、連日で昨年来安値を更新して取引を終了しました。

 

朝方は、欧州中央銀行による資産買い入れ策の発表をきっかけに、時間外取引で米株価指数先物が上昇したことから買いが先行しました。
しかし、戻り待ちの売りに押され下げに転じる不安定な動きとなり、午後1時ちょうどには、同368円36銭安の1万6358円19銭ときょうの最安値を付けました。
その後は、下げ幅を縮小する動きとなりましたが、3連休を控えていることで積極的な売買は限られました。
為替市場では、ドル・円相場が一時1ドル=109円50銭台(18日終値は107円41-43銭)を付けるなど、大幅に円安方向へ振れたものの、反応は限定的でした。東証1部の出来高は30億1769万株、売買代金は4兆6853億円、騰落銘柄数は値上がり1141銘柄、値下がり1001銘柄、変わらず24銘柄でした。
日経平均株価前場に400円を超える上昇をみせた後、一転して後場には360円強の下げをみせるなど、値動きの荒さから売買しづらく、様子見ムードが強まったようです。
前場に株価が上がり後場に米株価指数先物が下がって売られることが続いています。

 

ドル需要の高まり背景に108円台後半

19日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=108円台後半で推移しています。
金融市場の混乱が収まらず、リスク回避の円買いよりも資産の現金化によるドル需要が高まっており、ドルが全面高となりました。
国内輸入企業によるドル買い・円売りが観測されたほか、日銀が国債の買いオペを通知するとドル買い・円売りがやや強まり、昼すぎには109円55銭近辺まで上昇しました。
その後は持ち高調整のドル売り・円買いが優勢となりましが、ドル・円の下値は限定的でした。

 

19日の中国本土市場概況

19日の中国本土市場は値下がりました。
主要指標の上海総合指数は、前日比26.63ポイント(0.98%)安の2702.13ポイントと7日連続で続落しでました(上海A株指数は0.98%安の2831.55ポイント)。
約1年1カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいます。
投資家のリスク回避スタンスが継続する流れとなり、新型コロナウイルスパンデミック(世界的流行)により、欧州や米国では製造業の操業や店舗の営業停止、国境の閉鎖が相次ぐ状況になっています。
世界的なサプライチェーン寸断による経済活動の縮小懸念が依然としてくすぶっており、中国の成長率見通し引き下げが相次いでいることも不安材料になっています。
ゴールドマン・サックスは、GDP成長率見通しを下方修正し、2020年1~3月期に前年同期比でマイナス9%まで悪化するとの見方を示しました。
従来予想はプラス2.5%だったので10%以上の改悪になっています。
ゴールドマン・サックスは年間のGDP成長率についても、3%増に予測を下方修正しています。
これは中国の文化大革命が終わった1976年以来の低成長になります。
ただ、引けにかけて指数は下げ幅を縮小しました(上海総合指数は一時3.0%安)。
景気テコ入れのため、世界各国は積極的な財政刺激策を講じており、欧州中央銀行(Eは18日(日本時間19日)、総額で7500億ユーロ(約89兆円)に上る緊急の債券買い入れプログラムを開始すると発表しました。
金融株が下げを主導していますが世界各国の積極的な財政刺激策で立ち直りをみせてくるように思われます。

 

日銀、19日に通常のETF2004億円購入 J-REITは40億円購入

日銀は19日の東京株式市場で通常のETF(上場投資信託)を2004億円買い入れました。
前回17日の買い入れ額は1204億円でした。
設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業のETFの買い入れ額は、前回18日と同額の12億円でした。
J-REITは40億円買い入れました。
前回18日は20億円でしたので2倍の買い入れがあったにも関わらずストップ安まで売られた銘柄が多かったです



今日はJREITが大きく下がりましたが取引は行いませんでした。