続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月10日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比168円36銭高の1万9867円12銭と3営業日ぶりに反発しました。

朝方は、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が続くなか、9日のNYダウが過去最大の下げ幅となったことを受け、一時1万8891円77銭(前日比806円99銭安)まで下落する場面がありましたが、一巡後は持ち直しました。

トランプ米大統領は9日、政権が給与税減税の可能性について上院と10日に協議することを明らかにしたと伝えられたことで時間外取引で米株価指数先物が上昇し、時間外のNY原油先物高や、円高一服も支えとなりました。

後場に入ると、経済対策への期待感とともに日銀のETF(上場投資信託)買い観測もあって、上げに転じ、終盤には1万9970円35銭(同271円59銭高)まで切り返しました。

東証1部の出来高は25億7037万株、売買代金は3兆8120億円と大商いになり騰落銘柄数は値上がり1645銘柄、値下がり477銘柄、変わらず42銘柄でした。

下ヒゲの長い陽線を付け、これだけを見るといったん底入れの格好に見え、大きく値下がりしただけに戻るとは思われますが、新型コロナウイルスの感染拡大という元凶は何ら解消していないことを考えると一時的なリバウンドかもしれません。

メジャーSQ(特別清算指数)の算出を控え、思惑的な売買に上下動がある可能性が高いようです。

 

 

 

  

 

トランプ大統領による経済対策期待

朝のトランプ大統領による給与減税の方針発表に一気に雰囲気が変わり、ドル買い円売りの動きが強まりました。

ドル円は朝の安値から3円上昇し、昨日の安値から見ると3円80銭の戻しとなっており、かなりの大相場になりました。

日経平均が一時安値から1000円以上買われるなど、株高の動きも鮮明になりました。

昨日史上初となる2000ドル以上の下げを記録したダウ平均は時間外で急騰。トランプ発言までは下げが続き一時23400ドル近くとなっていたが、そこから1200ドル以上も上げてきています。
もっとも急激な上昇に対する警戒感もあります。

昨日の株安ドル安円高の一因となった原油価格の下げについては、時間外で約7%の上昇と、株などと同様に値を戻す展開となっていますが、昨日の下げは約25%となっており、まだかなり低い水準です。

米国やカナダのエネルギー関連産業はかなり厳しい状況となっており、米株の戻りが限定的なものにとどまる可能性もあります。
この後の海外市場では株や原油などの動向をにらみながら、どこまで調整が進むかの見極めが必要です。

105円をいったん付けたことで一服感も出ており、104円台を中心にいったん様子見が広がる可能性もあります。
注目は現地時間10日に出されるトランプ大統領の経済対策の内容です。

米景気の鈍化懸念が後退するとドル円はしっかりしますが、市場の期待に届かないものになると、今日上昇した反動もあり一気にドル売り円買いになってしまいます。

 

 

   

 

 

今日の取引き

投資法人みらい(3476)  41200円 1株買い   42800円 1株売却

スターツプロシード(8979)175600円 1株買い  179800円 1株売却

 

福岡リート(8968)    142300円 2株買い  

 

今日の利益は5600円でした。