続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

3月9日 株価動向

概況

日経平均株価は前週末比1050円99銭安の1万9698円76銭と大幅に続落しました。

今年最大の下げ幅となり、19年1月4日(終値1万9561円96銭)以来1年2カ月ぶりに2万円大台を割り込みました。

新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が続き、前週末の欧米株安や、円高・ドル安進行、原油安を嫌気し、リスク回避の売りが加速しました。

時間外取引の米株価指数先物が大きく下落し、中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の下げも大きな重しとなり、前場終盤には1万9472円26銭(前週末比1277円49銭安)まで下げ幅を拡大しました

後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに大引けにかけて下げ渋りましたが、戻りは限定的でした。

東証1部の出来高は25億1847万株、売買代金は3兆4646億円、騰落銘柄数は値上がり22銘柄、値下がり2138銘柄、変わらず3銘柄と99%の銘柄が値下がりしました。

下値のメドが立てにくく、2月の戻り高値からの下げ相場は1カ月経過したが、過去のショック安では切り返すまでに2-3カ月を要しており、回復にはまだまだ時間が掛かりボラティリティ(相場変動性)が高いままであり、当面波乱商状が続きそうです。

 

 

 

明日の日本株

あす10日の東京株式市場は、乱調展開が予想されます。

世界的な株安が進み、9日の日経平均株価は4ケタの大幅下落となった。ボラティリティ(相場変動性)は高く、当面波乱商状が続きそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、景気減速への懸念が一段と高まるなか、急ピッチな円高原油急落が不透明感を増すリスク要因として浮上しており、今後の動向を見極める必要があります。

9日の東京外国為替市場では、円が一時101円台(前週末終値は105円79銭-80銭)に突入し、円高がさらに進めば、輸出株売りが強まります。

6日のOPEC(石油輸出国機構)プラス会合では、ロシアの反対で減産合意に至らず、8日にはサウジアラビアが増産するとの報道もあって、日本時間9日に時間外取引NY原油先物相場が大きく値を崩した。産油国にとっては痛手であり、財政赤字を補填するため、株売却に動く可能性が高くなります。

9日の日経平均株価は大幅続落し、1万9698円(前週末比1050円安)で引け、今年最大の下げ幅となり、19年1月4日(終値1万9561円)以来1年2カ月ぶりに2万円大台を割りこみました。

新型肺炎リスクを背景に前週末の欧米株式が下落し、円高・ドル安進行や原油下落を嫌気し、売りが加速しました。

時間外取引の米株価指数先物安や、中国・上海総合指数、香港ハンセン指数の下げも重しとなり、下げ幅は一時1200円を超えました。

後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ渋りましたが、戻りは限定的でした。

ファンダメンタルズに基づけば、常軌を逸脱した動きですが、下値のめどは立てにくく当面静観が必要です。

 

今日は取引は行いませんでした。