続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

2月26日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比179円22銭安の2万2426円19銭と3営業日連続で続落しました。

朝方は、引き続き新型肺炎のまん延による世界経済への影響が警戒され、25日の欧米株式が大幅に4営業日続落した流れを受け、リスク回避の売りが先行しました。

円高・ドル安も重しとなり、下げ幅を拡大し、前場終盤に2万2127円42銭(前日比477円99銭安)まで下落しましましたが、一巡後は、時間外取引の米株価指数先物の上昇や、日銀のETF(上場投資信託)買い観測などもあって、後場終盤には2万2456円55銭(同148円86銭安)まで下げ渋りました。

東証1部の出来高は16億7717万株、売買代金は3兆96億円。騰落銘柄数は値上がり620銘柄、値下がり1464銘柄、変わらず76銘柄でした。

新型肺炎の感染が世界的に広がり、仕掛け売りや、リスクパリティー戦略ファンドの調整売りなど機械的な売りが下げを増幅させました。

まだ乱高下は続くと思うが、感染者数はいずれピークアウトし、相場が落ち着くのは時間の問題だと思います。

東証業種別株価指数は全33業種が下落しました。

 

日経平均テクニカル分析

ローソク足は200日線下まで下ヒゲを伸ばした後、陽線を引いて終了し、下値での買い需要をうかがわせています。

東証1部の騰落レシオ(25日平均)は64.18%(昨日68.81%)と売られ過ぎの目安となる70%を下放れており、短期的な反発の可能性を示しています。

一目均衡表では、3役逆転後の弱気形状にあって本日は転換線と基準線が下向きで終了しています。

ボリンジャーバンドでは終値が-2σ下にとどまり、大勢では引き続き売り手優位を示しています。

 

キャノン(7751)自社株買い発表

発行済み株式数の1.8%に相当する1920万株、500億円を上限とした自己株式の取得実施を発表しました。

取得期間は2月26日から5月27日迄です。

医療機器子会社のキヤノンメディカルシステムズが新型コロナウイルスの検査システムの開発を開始と発表しています。

今日の終値は97.5円高の2821.5円と暴騰しました。

 

   

 

 

 

今日は取引を行いませんでした。