続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

2月10日 株価動向

概況

10日の日経平均株価は、前週末比142円00銭安の2万3685円98銭と続落して取引を終了しました。

前週末7日の米国株式が下落したこともあり、朝方から売りが先行し午前9時20分には、同206円26銭安の2万3621円72銭の安値を付ける場面もありましが、売り一巡後は、下げ幅を縮小する展開となりました。

後場は売り物が優勢で取引を開始ししました。

明日11日は、建国記念日で祝日となることもあり、手控えムードも強まるなか、総じて弱含みで推移しました。為替市場では、ドル・円相場が1ドル=109円70銭台(前週末7日終値は109円92-93銭)と、朝方からは円安の方向にあることも意識されました。

東証1部の出来高は11億6146万株、売買代金は2兆685億円。騰落銘柄数は値上がり588銘柄、値下がり1494銘柄、変わらず77銘柄でした。

新型肺炎で中国工場の再開見通しが不透明ななか、サプライチェーンへの影響が見通せず、予断を許さない状況です。

 

今日の取引き

コーユーレンテイア(7081) 2489円 100株売り

 

今日の確定利益は3700円でした。