続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

2月7日 株価動向

概況

7日の日経平均株価は、前日比45円61銭安の2万3827円98銭と4日ぶりに反落して取引を終了しました。

朝方は、きのう6日の強い地合いや現地6日の米国株式市場で、NYダウとナスダック総合指数がそろって史上最高値を更新したことを好感し、続伸してスタートしました。

しかし、株価指数先物に断続的な売りが出たことなどから下げに転じ、午前9時49分には、同114円17銭安の2万3759円42銭ときょうの安値を付けました。

中国・上海総合指数が4日ぶりに反落したことや、週末要因などから手控えムードが広がり、小幅安でのもみ合いが続きました。

為替市場では、ドル・円相場が1ドル=109円90銭台(6日終値は109円90-91銭)と動意に乏しい展開でした。

東証1部の出来高は12億6463万株、売買代金は2兆3996億円。騰落銘柄数は値上がり678銘柄、値下がり1409銘柄、変わらず72銘柄でした。

来週に入ると中国で企業活動が再開される見込みで、サプライチェーンへの影響も徐々に判明するとみられ、多少ネガティブな動きがでると思います。

 

 

 

 

今日のIPO

今日は今年初のIPOのコーユレンティア(7081)とジモティー(7082)が上場しました。

ジモティー(7082)は買い気配のまま取引をおえ、最終気配値は公開価格1000円の2.3倍に相当する2300円でした。

コーユレンティア(7081)公開価格と同じ1890円買い気配でスタートし、その後も気配値を切り上げる展開となり、10時3分に公開価格を620円(32.8%)上回る2510円で初値をつけました。

その後2625円まで上昇しましたが2400円から2500円の間のボックス圏ののち14時10分くらいから怒涛の下げに変わり安値は2260円をつけ終値は2290円でした。

最近のIPOは初日に初値を大幅に下げた場合2日目か3日目に初値を超える場合が多く

私は300株買いました。

まさか2200円台まで落ちるとは思っていなかったので2400円台半ばで買ったため初値に戻ったら売ろうと思っています。

 

今日の取引き

コーユレンティア(7081)      2456円 100株買い

コーユレンティア(7081)      2446円 100株買い

コーユレンティア(7081)      2499円 100株買い

レック(7874)           1062円 100株買い

 

一日信用取引

レック(7874)       1123円 100株買い    1198円  100株売却

JT(2914)        2303円 100株買い    2305円  100株売却

エクセデイ(7278)    2320円 100株買い    2315円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2445円 100株買い    2460円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2456円 100株買い    2467円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2417円 100株買い    2470円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2465円 100株買い    2478円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2469円 100株買い    2479円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2466円 100株買い    2479円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2443円 100株買い    2489円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2465円 100株買い    2481円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2436円 100株買い    2458円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2443円 100株買い    2489円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2488円 100株買い    2528円  100株売却

コーユレンティア(7081) 2511円 100株買い    2499円  100株売却

 

今日の確定利益は21600円でした。