続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

2月4日 株価動向

概況

4日後場日経平均株価は前日比112円65銭高の2万3084円59銭と反発しました。

朝方は、新型肺炎リスクへの警戒感が根強く売り先行となり、寄り付き早々に2万2854円45銭(前日比117円49銭安)まで下落しました。

一巡後は、香港ハンセン指数がプレオープニングで高く始まり、中国・上海総合指数のプラス浮上も支えとなり、上げに転じました。

円がやや弱含むとともに、時間外取引での米株価指数先物の一段高もあって、後場終盤には2万3118円13銭(前日比146円19銭高)まで上昇した。その後は、引けにかけて少し下げて終えました。

東証1部の出来高は12億7663万株、売買代金は2兆3504億円、騰落銘柄数は値上がり1703銘柄、値下がり386銘柄、変わらず70銘柄でした。

中国株が少し上昇し、時間外の米株先物も値を上げており、安定した値動きになりました。

しかし、新型肺炎の感染者数は増え続けており、経済への影響はまだ織り込めず、先が見えるまでは相場は不安定な動きになると思います。

 

個人中心に押し目買いが活発

新型肺炎の感染拡大懸念から前日に値下がりした銘柄に個人などの買い戻しが入りました。

東証株価指数TOPIX)は11.58ポイント高の1684.24と、反発しました。

中国人民銀行による経済安定化を狙った大規模な資金供給が一定の安心感を与えたと思われます。

個別銘柄で買われたのは、パナソニック、村田製、東エレク、富士通資生堂レンゴーが値を上げ、オリックスは年初来高値を更新しました。

ANAJALも堅調でソフトバンクG、ファーストリテも買われています。

 

 

 

 

今日の取引き

エクセデイ(7278)          2339円     100株売り

ラウンドワン(4680)         1014円     100株売り

 

一日信用取引 

日立製作所(6501)   4079円 100株買い    4080円  100株売却

日立製作所(6501)   4076円 100株買い    4079円  100株売却

日立製作所(6501)   4071円 100株買い    4074円  100株売却

日立製作所(6501)   4067円 100株買い    4071円  100株売却

日立製作所(6501)   4066円 100株買い    4071円  100株売却

ラウンドワン(4680)  1012円 100株買い    1014円  100株売却

ラウンドワン(4680)  1003円 100株買い    1008円  100株売却

川崎重工(7012)    2121円 100株買い    2123円  100株売却

川崎重工(7012)    2107円 100株買い    2110円  100株売却

JT(2914)       2289円 100株買い    2292円  100株売却

JT(2914)       2289円 100株買い    2291円  100株売却

JT(2914)       2290円 100株買い    2292円  100株売却

SUBARU(7270)    2694円 100株買い    2697円  100株売却

SUBARU(7270)    2694円 100株買い    2699円  100株売却

三菱重工(7011)    3989円 100株買い    3996円  100株売却

三井物産(8031)    1917円 100株買い    1920円  100株売却

三井物産(8031)    1921円 100株買い    1923円  100株売却

 

今日の確定利益は8900円でした。