続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

1月30日 株価動向

30日の日経平均株価は、前日比401円65銭安の2万2977円75銭と大幅に反落して取引を終了しました。

終値ベースで2万3000円を割り込むのは、19年11月1日(2万2850円77銭)以来、約3カ月ぶりです。

新型肺炎の拡大が懸念され、米株価指数時間外取引軟調に推移し、株価指数先物に断続的な売りが出るなど弱い動きが先行しました。

春節休暇明けの台湾株式が大幅に下落し、香港株式も続落したこともあり、海外株の暴落と新型肺炎の懸念のダブルパンチでした。

後場に入り、心理的なフシ目の2万3000円を割り込むと、見切り売りも出たもようで、午後2時20分には、同486円45銭安の2万2892円95銭まで下げ幅を拡大する場面もみられました。

為替市場では、ドル・円相場が1ドル=108円90銭前後(29日終値は109円09-10銭)と円高方向にあることも重しになりました。

東証1部の出来高は13億6771万株、売買代金は2兆5135億円、騰落銘柄数は値上がり296銘柄、値下がり1819銘柄、変わらず40銘柄でした。

業種別では、キヤノン (7751)、ソニー (6758) などの電機株や、AGC (5201) 、住友大阪 (5201)(5232)などのガラス土石株が下落、コマツ (6301) 、ダイキン (6367)などの機械株や、ニコン (7731)、HOYA (7741)などの精密機器株、郵船 (9101)、商船三井 (9104) などの海運株や、王子HD (3861) 、日本紙 (3863)などのパルプ紙株も下落しました。

日本製鉄 (5401) 、JFE (5411)などの鉄鋼株も大型株が大きく下落しました。

 

 

新型肺炎の影響で株価は乱高下しています。

確かに新型肺炎の影響が経済にどのように影響するのかはわかりませんがマスコミが言っているような大きな影響はないと思っています。

 

まだまだ下がる可能性はありますが新型肺炎の影響が落ち着けば反転すると思います。

私は本日株価中国関連で下げている株を仕込みました。

 

ホテル、百貨店等 インバウンド関連は大きく下げていますが影響がどれくらいになるか読めない中での投げ売りになっています。

下記が大きく下げているワースト3です。

▼5.75% 加権 台湾
▼3.47% 上海B株 中国
▼3.10% マザーズ

新型肺炎の終息報道が待たれます。

 

今日の取引き

丸紅(8002)     791.1円   500株買い

アル―(7043)    874円    100株買い

ラウンドワン(4680) 1029円   100株買い

バンクイノベ(4393) 2170円   100株買い

SREH(2980)    2120円   100株買い

 

一日信用取引

住友電気工業(5802)  1490円 100株買い   1496.5円 100株売り
日立製作所(6501)   4282円 100株買い   4286円  100株売り
日立製作所(6501)   4275円 100株買い   4277円  100株売り

日立製作所(6501)   4282円 100株買い   4295円  100株売り
日立製作所(6501)   4232円 100株買い   4220円  100株売り
ラウンドワン(4680)  1016円 100株買い   1019円  100株売り
キヤノン(7751)    2888円 100株買い   2902.5円 100株売り

キヤノン(7751)    2901円 100株買い   2879.5円 100株売り
川崎重工業(7012)   2209円 100株買い   2190円  100株売り


今日の確定利益は-2000円でした。

ここ数日新興株を仕込んでいるので根気強く値上がりを待ちます。

バンクオブイノベ(4393)は明日引け後決算発表なので場中で上がれば売ろうと思います。