続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

1月20日 株価動向

20日後場日経平均株価は前週末比42円25銭高の2万4083円51銭と3営業日続けて上昇し19年12月17日の昨年来高値(終値2万4066円12銭)を更新しました。

日中の値幅は46円44銭と今年最小の値動きのない膠着相場でした。

朝方は、買いが先行し、米中景気の改善期待などを背景に前週末17日の米主要3株価指数が連日で最高値を更新した流れを受け、いったん2万4100円台に乗せました。

その後、利益確定売りに上値が重くなりましたが、後場後半には2万4108円11銭(前週末比66円85銭高)まで上昇しました。

東証1部の出来高は8億2112万株、売買代金は1兆4179億円、騰落銘柄数は値上がり1478銘柄、値下がり579銘柄、変わらず103銘柄でした。

後場はほとんど動きがありませんでしたが、日経平均よりもTOPIX(東証株価指数)の方が堅調で値上がり銘柄数も多いので相場の中身は日経平均の上げ幅以上に

よかったようです。

 

 

 

 

TOBの予告で株価上昇

前田建設TOB発表を材料に前田道路がストップ高になりました。

村上ファンド系ファンドからTOBの予告を受けたと発表した東芝機械が急騰しました。

東芝機会は対応策として、新株予約権を他の株主に無償で割り当てる措置なども検討としています。

将来的な株主還元策の拡充期待や目先の需給思惑の強まりにつながる形を見込んで買いが集まっています。

 

明日の株式市場

今晩の米国株は休場で、あすは日銀金融政策決定会合の結果が発表される予定です。

金融政策は現状維持が濃厚ですが、展望リポートの公表もあることから、前場は様子見で、後場にやや振れ幅が大きくなりそうです。

基本的には大勢に変化はないと思われます。

引け後の黒田総裁会見や、休場明けの米国市場の動向を見極めたいとの見方から、様子見ムードの強い地合いが続くだろうと思われます。

このところは5日線(23999円、20日時点)より上での推移が続いており、同水準を意識した動きが見られるかが注目点となります。

物色ではTOB絡みの銘柄が派手に動きましたが、上場子会社再編に絡む材料が出てくると、他の銘柄にも思惑買いが入りそうです。

このような突発的な上昇が投資家物色の蚊帳の外に置かれていたオールドエコノミー系の銘柄にも波及すれば全体の上昇が大きくなりそうです。

 

 

 

今日の取引き

 

ワシントンホテル(4691)       1368円 100株売却

アル―(7073)            882円  100株売却

 

三越伊勢丹(3099)          982円  100株買い

ビーアンドピー(7804)        1855円  100株買い

 

一日信用取引

新日本製薬(4913)   1406円  100株買い 1411円  100株売却

新日本製薬(4913)   1403円  100株買い 1411円  100株売却

新日本製薬(4913)   1409円  100株買い 1409円  100株売却

じげん(3679)     533円   100株買い 535円  100株売却

LIFULL(2120)     541円   200株買い 544円  200株売却

 

今日の確定利益は5500円でした。