続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

11月18日 株価動向

日経平均は続伸しました。1

5日の米国市場でNYダウは222ドル高と反発し、初めて28000ドルを上回りました。

政府高官が相次いで米中貿易協議の進展を示唆し、10月小売売上高の予想上振れも好感されました。

しかし、週明けの東京市場では利益確定の売りも出て、日経平均は小幅高からスタートすると、朝方にはマイナスへ転じることもありました。

前場中ごからは香港株の上昇などが安心感につながって強含み、一時23420.62円(前週末比17.30円高)まで上昇し後場に入り伸び悩む場面もあったが、この日の高値圏で取引を終えしました。

大引け日経平均は前週末比113.44円高の23416.76円となり東証1部の売買高は12億2347万株、売買代金は1兆9051億円りでした。

売買代金は3週間ぶりの2兆円割りこみました。

昨日買った銘柄


アル―(7043)881円で売却

新日本製薬(4931)は持ち越し 終値1577円

今日買った2銘柄


日本ホスピス(7061)2217円で100株買い2255円売り 利益確定


インフォ―ネット(4444)1563円で100株 

2Qの営業損失が̠ー6800万になったことから年初来安値を更新しました。

2020年3月期は経常利益が1.9億円の予想なので持ち直すと思いますが比較的リスクのある株です。

終値1569円 目標1610円。損切り1490円

今日はJREITでNISAで買っていないプレミア投資法人を155400円で2株利益確定しました。

利益は9万2千円です。

ヤーマンも713円で売却し約3000円の利益です。

アル―、日本ホスピスプレミア投資法人、ヤーマンで約10万の利益がでました。

12月はIPOが目白押しなので投資資金に回します。

 

相場が安定しているので急落銘柄で決算が悪くないものは買い。

今の相場は比較的利益が出しやすいです。

LIFULL(2120)やラウンドワン(4680)のように戻ってない銘柄もありますが、新興株が乱高下しており大型株より安いところで買えば利益が出やすいです。