続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

10月30日株価動向

日経平均は8日ぶり反落しました。

29日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、19ドル安となりました。

アルファベットの決算が市場予想を下回り、ハイテク株を中心に軟調でした。

大引け日経平均は前日比131.01円安の22843.12円となり的な短期的な達成感に米株安の流れも加わって利益確定の売りが先行しました。

 本日は10月の配当権利落ち日なので配当の高いJREITの価格を見てみたいと思います。

 

コード 投資法人名    10月30日終値 値落ち額 予想配当額  差額

8975 いちごオフィス   109400    -2600   2140    -460  

8972 ケネディクス    838000    -20000  13370    -6630

8956 プレミア      162600    -4100   2750    -1450

8979 スターツp     204400    -7100   4480    -2620

3287 星野リゾート    585000    -15000  13110    -1890

3298 インベスコ     21540     -90    376     286

3308 日本ヘルスケア   215400    -8400   4230    -4170

3451 トーセイ      139300    -4600   3480    -1120

3309 積水ハウスr    99500     -3200   1587    -1613

3476 投資法人みらい   62300     -2100   1560    -540

インベスコ以外は配当をとらずに昨日売って本日買い戻したほうが結果論にはなりますがよかったことになります。

JREITはかなり利回りが低くなっているので配当落ちは注意しなければなりません。

私はプレミア、いちごオフィス、スターツプロシードを持っていますがNISAで保有しているので持ち越して配当をとりました。