続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

自分に適した投資スタイルを選ぶ(デイトレード)

デイトレード

 

デイトレードとは当日中に注文と決済を完了させる投資スタイルのことです。

その日のうちに投資を行い利益が確定する取引ともいえます。

その日の中で数回の取引を行いますのでスプレッドが非常に重要となります。

保有時間は数分から5時間くらいまでで煩雑に小さな利益を積み重ねることになります。

利幅が少ない割に手数料が高くなる傾向がありますので証券会社の中でもデイトレ

向いているものを選定する必要があります。

私は松井証券の1日信用を使っています。

手数料が低いので少ない利幅でも数をこなせばまとまった利益になります。

 

デイトレードのメリット

デイトレードは対象銘柄の市場が開いている時間で完結させる取引です。

そのため市場が閉まった後、対象銘柄の悪材料が流れても価格に影響しません。

例えば株式の市場が開いているは午前9時から午後3時までです。

そのため 時間外に対象企業の情報が報道されても価格は変動しません。

デイトレードでは短期トレードになるので、企業の情報などを深く調べる必要がないのです。

主にテクニカル分析が有効で、トレンドなどを見極めることで利益を出せます。

長期投資に比べるとすぐに利益を出すこともできるので、メリットであるといえるでしょう。

 

デイトレードのデメリット

デイトレードは 日中の限られた時間しか取引することができません。

日中に拘束される大学生や社会人は取引が困難でしょう。

そしてポジションを保有している間はチャート画面と向き合う必要があるため、精神的に負担が大きい取引方法であるといえます。

 

デイトレードの問題点

デイトレードはその日の内に取引を完結させるので一番難しいのは損切りです。

取引の回数も多いので全戦全勝になることはありません。

仮に1勝9敗でも勝利の利益が10000円、9敗の損失が9000円であればいいのです。

とにかくその日の利益を確保することが大事です。

取引で注意が必要なのは中国株(上海市場)が始まる午前10時半 最近は中国株の問題は場中にはでていませんが動きがあると中国関連の銘柄は暴落する時があります。

また前場後場の間(11時半~12時半)の間に先物が暴落すると影響があります。

このように1日のスパーンの中でも影響はありますので利益がでれば売って長く保有しないことがポイントです。

 

デイトレードに必要な環境

デイトレードスマホやノートパソコンなどがあれば、気軽に取引を始めることができます。主にテクニカル分析ができれば取引ができます。 専用アプリでインジケーターを利用することができるかどうかで、口座開設する証券会社を選びましょう。

 

デイトレードをする上で必要なマインド

自分で決めたルールを守る

取引は主に自分との戦いになるので、取引を始める前にあらかじめメンタルを保てるようにしておきましょう。

そして投資において自分にあった取引ルールを決めることは重要です。

しかしルールを決めても取引中にルールを守るとなれば、常に平常心でいる必要があります。

冷静にポジションを持ち決済できるようにメンタルを維持しましょう。

特に株価が下がった時など取り返そうと思いルールから逸脱した取引を行いそうになります。

そうすれば蟻地獄のようになって損を重ねます。

株式投資は大きく動くときは一定の方向に引きづられます。

常に冷静に平常心で客観的に取引を行いましょう。