続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

自分に適した投資スタイルを選ぶ(スイングトレード テクニカル分析)

前回 スイングトレードファンダメンタル分析について概要を説明しましたが今回は

テクニカル分析について説明します。

 

テクニカル分析

テクニカル分析とは過去の価格や出来高などの要素から 未来の価格を予測する分析手法です。取り扱っている銘柄や通貨などの要素を排除して、チャートの動きから将来の価格を推測します。

一見すると数字に基づいた理論的な計算のように思えますが、テクニカル分析には相場に参加する人々の心理状態に影響されています。特に相場の均衡が崩れて大きな値動きを起こすタイミングでの人間の行動には強い一貫性が見られます。

 

テクニカル分析の種類

テクニカル分析にも様々な種類があります。主にトレンド系オシレーターフォーメーション分析という指標にわかれますので、系統別に基本的な情報を述べます。

トレンド系

トレンドとは相場に発生している値動きの傾向のことを指します。このトレンド分析のための指標を大きくトレンド系と呼びます。

ある期間に価格が上昇を続けてチャートの形が右肩上がりになっていることを上昇トレンド、価格が下落を続けてチャートの形が右肩下がりになっていることを下落トレンドと言います。

また、価格が一定の値の範囲で上下を繰り返している膠着相場の状態のことをレンジ相場と呼びます。相場はトレンド相場とレンジ相場のどちらかに分類されます。

そのためトレードをする際には現在の相場がトレンド相場かレンジ相場かを見分ける必要があり、この見極めにトレンド指標は主に使われます。

また、そのトレンドが勢いのある強いトレンドか値動き幅の小さい弱いトレンドかを判断するのにもトレンド系指標は役立ちます。

代表的なトレンド系指標

移動平均線

移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、それをなめらかな折れ線グラフで表したものです。代表的なテクニカル指標の一つで、価格の傾向や流れなど相場の方向性を見る手掛かりとなり、現状の価格を表すローソク足と組み合わせて、売買のタイミングを判断します。

 

一目均衡表

一目均衡表は、相場は「売り手」と「買い手」の均衡が崩れた方向へ動き、方向性が確立したあとの相場の行方というものは「一目瞭然」であるという考えに基づいています。一度方向性が確認されれば、その流れは続いていくだろうということです。

相場のパワーバランスを眺めながら、「いつ相場が変化するか」「いつ目標値が達成されるのか」など、時間軸を重要視して相場の動向を予測します。

 

ポリンジャ―バンド

ボリンジャーバンドは相場の変動幅を表してくれるテクニカル指標です。ある一定の確率で値動きが収まりやすいレンジを「σ (シグマ) 」と呼び、平均値からみて上のレンジを+1σ、下のレンジを-1σと呼びます。これを2倍、3倍したものがそれぞれ「+2σ・-2σ」、「+3σ・-3σ」になります。

正規分布の理論によれば、この+1σ、-1σに収まる確率は約68.2%、+2σから-2σに収まる確率は約95.4%です。

つまり価格変動の多くが±1σに収まり、±2σに達することが珍しいケースということになります。

「+2σを越えたら上昇しすぎなので売り、-2σを越えたら下落しすぎなので買い」といった判断ができます。ただし、あくまでも±2σに入る確率が95.4%ですので、そうでない可能性も4.6%あるというのが注意点です。例外的な値動きもあるという前提のもとで、使用しましょう。

パラボリック

パラボリックとはトレンド追随型のテクニカル分析手法です。途転 (ドテン) 買い・途転売りという、トレンドが転換したときにトレンドに沿って新規ポジションを保有する手法に用いられます。

パラボリックのメリットは「トレンドの転換点がはかれる」点です。パラボリックはポジションを保有することなく、トレンド転換点をはかるのに有効な手段となります。相場のトレンドが持続する場合に有効なので、買いでも売りでもトレンドが形成されていれば大きな利益を出せます。

 

オシレーター

市場の方向性を推測するだけでなく、 特定の銘柄に買いか売り注文が殺到しすぎていないか判断する指標です。

ただトレンドのみを見るのではなく、投資家心理を考慮した分析を行います。上昇や下降のトレンドが決まっているときより、価格が一定の範囲内で推移しているときにオシレーター系指標が機能しやすいです。

代表的なオシレーター系指標

ストキャスティクス

ストキャスティクス一定期間の高値と下値を元にして、現在の相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断する指標です。一定期間の値動きの中で現在の相場がどの位置にあるかで算出されます。売買のポイントとしては、「%Kが%Dを上抜いた地点が買いシグナル」「%Kが%Dを下抜いた地点が売りシグナル」となります。

一定の範囲で値動きを繰り返すレンジ相場や相場のトレンドが転換するタイミングではっきりとしたシグナルを出すので使いやすいですが、明確なトレンドが発生している場面ではダマシが多いのが欠点です。

RSI

RSIは相場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のテクニカル指標です。RSIの値が20%以下になったら売られすぎ、80%以上になったら買われすぎと判断されることが多く、主に逆張りのシグナルとして活用されます。

20%と80%というラインは買われすぎのシグナルとして機能しますが、エントリーポイントはRSIの天井や底である「ピーク」の少し後が一般的です。「ピーク」に達した後にトレンドが反転したと見えたタイミングでエントリーするようにしましょう。

MACD

MACDは「Moving average Convergence/Divergence Trading Method」の略称で、日本語に訳すと「移動平均・収束拡散トレード法」と呼ばれます。MACDでは短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断することができます。

基本となる線である「MACD」が下向きでその移動平均線シグナルがMACDより上にある時には、相場は弱いと見ます。その後にMACDの調整がなだらかになり、シグナルを上抜けるとゴールデンクロスといって買いのタイミングになります。反対にMACDが上向きで、シグナルを上回っている時は相場が強いと見ます。その後、MACDの上昇がなだらかになり、シグナルを下抜けるとデッドクロスといって売りのタイミングとなります。

MACDは、ゴールデンクロスデッドクロスといった「買い」と「売り」を判断させるタイミングが単純移動平均線と比べて格段に早くなるため、相場の転換をより早く判断するのに有効です。またダマシが少なく使いやすいので、多くの投資家から支持を集めています。

DMI

DMI (Directional Movement Index) は日本語では「方向性指数」といいます。RSIやストキャスティクスなどの逆張り系指標に特有の、一方に傾くトレンド相場では役に立たないという弱点を補う目的で、 順張り指標として開発されました。DMIでは価格の上昇力を示す「+DI」、価格の下降力を示す「-DI」、トレンドの強さを示す「ADX」、ADXの向きを確認する「ADXR」という4つの指数を使ってトレンドの有無や強弱を探ります。

MIは終値の比較ではなく、当日の高値や安値が前日の高値や安値に比べてどう変化したかで相場の強弱を判断します。これは上昇トレンドの場合当日の高値が前日の高値を上回ることが多く、逆に下降トレンドの場合は当日の高値が前日の高値を下回ることが多くなる傾向があるからです。売買ポイントについては、+DIが-DIを下から上抜いたときが買いシグナル、+DIが-DIを上から下抜いたときが売りシグナルです。

 

フォーメーション分析

チャートに現れた特定の形状から今後の値動きを予測する指標です。

過去に見たことのある形を見つけて、当時の事例と照らし合わせながら取引に役立てるのがフォーメーション分析です。

代表的なフォーメーション分析系指標

ダイバージェンス

ダイバージェンスは日本語では「逆行」という意味で、オシレータ系指標の示す方向が実際の相場と逆行している現象のことをいいます。ダイバージェンスがわかるとそれらオシレータ系指標をさらに有効に使えるので非常に便利です。

オシレータ系指標はトレンド相場に弱いといわれていますが、ダイバージェンスをきちんと読み取れればその弱点をカバーできるため、改めて確認しておきましょう。

エリオットは波動

エリオット波動とは、相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方です。上と下を交互に繰り返すという特徴があります。5つの上昇波を推進5波と呼び、3つの下降波を修正3波と呼びます。

ダウ理論

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。古典的な理論と思われがちですが、全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。ダウ理論は「6つの基本原則」から構成されており、それらを理解することで株式相場を分析するための基本的な考え方を身につけることが出来ます。

ダウ理論の6つの基本原則

1.価格 (平均株価)は全ての事象を織り込む
2.レンドは短期・中期・長期の3つに分類される
3.主要なトレンドは3つの段階から形成される
4.価格は相互に確認される必要がある
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

このようにうにスイングトレードではファンダメンタルとテクニカルの2面から分析し銘柄を選定していきます。