続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

7月3日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比160円高の2万2306円と続伸しました。

朝方は、買い優勢で始ましましたり、現地2日の米国株式が雇用情勢の回復を背景に上昇した流れを受け、一時2万2312円(前日比166円高)まで値を上げました。

一巡後は株価指数先物売りを交え、前引けにかけていったん伸び悩みました。

昼休みの時間帯に、「東京都で3日、新型コロナウイルスの新規感染者が120人以上となることが伝えられ、連日の感染者数増加が重しとなり、後場入り後には2万2154円(前日比9円高)まで上げ幅を縮小する場面もありました。

ただ、影響は限定され、その後は大引けにかけて買い戻しに持ち直しの流れとなりました。

東証1部の出来高は9億8246万株、売買代金は1兆6954億円、騰落銘柄数は値上がり1333銘柄、値下がり759銘柄、変わらず78銘柄でした。

新型コロナ感染者数の増加が伝えられても、下は売り切れないようです。

感染者数がケタ違いに大きい米国では株価が下がっておらず、政策期待が後ろ盾になっているようで日本株もよほどコロナの感染者が増えない限り大きく下げることはないように思います。

 

ハイテク株けん引どこまで

選別物色の様相を強めてきた日本株相場は今週(6月29日-7月3日)、日経平均株価が前週比205(0.9%)円安の2万2306円で週末の取引を終えました。

一方、TOPIX(東証株価指数)は同1.6%の下落と温度差があり、米国でナスダック総合指数がNYダウをアウトパフォームしているのと同じです。

まだら模様のマーケットを、ハイテク株が今後もけん引できるかが焦点となります。

NYダウが1861ドル安の暴落を記録した6月11日以降、ナスダック優位の展開が顕著です。

今週はNYダウが前週比3.2%高となったのに対し、ナスダックは4.6%高して史上最高値を更新中です。

4月末との比較では、ナスダックの上昇率は約15%とNYダウの6%を大幅に上回っています。

ハイテク株で構成するナスダックの強さは、「アフター・コロナ」のパラダイムシフトを如実に反映しています。

日本市場でも、ハイテク株の寄与度が大きい日経平均がTOPIXを上回る結果につながっています。

選別物色の背景には、再び勢力を強めてきた新型コロナウイルスへの大きな懸念があります。

米国では7月に入り、1日の新たな感染者の数が初めて5万人を超えるなど、見切り発車による経済活動再開の負の面が目立っており、リスクに敏感になった投資家は旧来型の産業にシビアになります。

一方で潤沢な金融緩和マネーが、いっそうハイテクセクターに向かいやすくなっているようです。

 

今日の取引き

じげん(3679)         319円  100株買い   320円 100株売却

ユナイテッドリート(8960)  117400円  1株買い   117800円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)  117400円  1株買い   117000円 1株売却

 

JREITが前場で上がり後場で下がるパターンが続いています。

IPO銘柄は好調ですが下がる時は一瞬で大きく下がるので難しいです。

今日の確定利益は100円でした。

 

7月2日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比24円高の2万2145円と小幅に反発して取引を終了しました。

朝方の買いが先行後、不安定な動きをみせましたがジリ高基調となり、午前11時29分には145円高の2万2267円と今日の高値を付けました。

後場に入り、東京都で今日、新たに新型コロナウイルスの感染者数が100人を超え、緊急事態宣言が解除された後で、最も多くなったと報じられたことで、緊急事態宣言の再発動が警戒され、再び下げに転じる場面もあり、総じて上値が重い状況でした。

ドル・円は1ドル=107円40銭台(1日終値は107円56-58銭)と、もみ合い状況でした。

東証1部の出来高は13億5725万株、売買代金は2兆2366億円、騰落銘柄数は値上がり753銘柄、値下がり1343銘柄、変わらず73銘柄でした。

日経平均株価は日足チャート上で、6月16日に付けた陽線の範囲内で推移し(三角持ち合い)となっています。

日中値幅が小さくなり、上下どちらかに動くタイミングが近そうに思います。

コロナの感染者の数が大きな影響があると思います。

 

今日の取引き

今日はマザーズが下がり、JREITは少し持ち直しました。

相場の動きがわかりにくく前場で上がり後場で下がるかと思いましたがJREITは

下がらず早く売りすぎました。

 

インフォ―ネット(4444)          1569円 100株買い

6月11日に1542円で買って1579円で売却、6月16日に1534円で買って6月22日に

1850円で売却と1550円前後で買おうと思ってました。

終値は1558円、売り目標は1700円です。

 

福岡リート(8968)      128700円   1株買い  129400円 1株売却

プレミア投資法人(8956)   117500円   1株買い  118000円 1株売却

じげん(3679)         321円   100株買い  325円 100株売却

じげん(3679)         320円   100株買い  319円 100株売却

 

今日の確定利益は1400円でした。

 

7月1日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比166円安の2万2121円と反落しました。

朝方は、6月30日の米国株高を受け、買いが先行し、一時2万2360円(前日比72円高)まで上昇しました。

一巡後は、時間外取引でのNYダウ(ミニ)先物安もあり、いったん下げに転じました。

持ち直す場面もありましたが、買いは続かず、再度軟化しました。

後場に入ると、株価指数先物売りを交えて下げ幅を広げ、一時2万2039円(前日比248円安)まで下落しました。

その後下げ渋りましたが、戻りは鈍く東京で新たに67人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと伝わり、売りの方向になりました。

東証業種別株価指数は全33業種が下落しました。

東証1部の出来高は11億8497万株、売買代金は2兆351億円、騰落銘柄数は値上がり274銘柄、値下がり1849銘柄、変わらず46銘柄でした。

特に一段安になる理由は見当たりませんが、薄商いのなか、ちょっとした売り物でズルズルと値を下げていきます。

期待先行で日経平均が2万3000円台に上昇しただけに、調整局面に入った可能性がありコロナの感染者の減少が伝えられれば上昇すると思います。

 

今日の取引き

JT(2914)          1991円 100株買い   1963円 100株売却

JT(2914)          1965円 100株買い   1962円 100株売却

じげん(3679)        335円  100株買い   327円 100株売却

キリンH(2503)       2210円 100株買い   2209円 100株売却

オリックス不動産R(8954)  139300円 1株買い   139800円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)  128500円 1株買い   129000円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)  128700円 1株買い   127900円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)  128500円 1株買い   127900円 1株売却

日本リテールF(8953)     134600円 1株買い  135100円 1株売却

日本リテールF(8953)     134300円 1株買い  134800円 1株売却

 

今日も負けました。

損失額は少ないですがことごとく読みが外れました。

損切りのタイミングが遅く持ちすぎたことが敗因です。

デイトレは60分以上持ったら下げ相場の時は負ける確率が高いです。

 

今日の確定損失はマイナス3500円でした。

 

6月30日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比293円高の2万2288円と大幅反発しました。

朝方は、29日の米国株式が住宅指標の改善などを背景に大幅高した流れを受け、買いが先行しました。

日本時間午前10時に発表された中国6月製造業PMI(購買担当者景気指数)の改善も支えとなり、一段高し、一時2万2448円(前日比453円高)まで上昇しました。

一巡後は、中国全人代常務委員会で「香港国家安全維持法案」成立との報道もあり、上値が重くなりましたが、影響は限定的でした。

後場入り後は、高値圏で推移する場面もあったが、引けにかけて売りに傾き、伸び悩みました。

東証1部の出来高は12億4084万株、売買代金は2兆2425億円、騰落銘柄数は値上がり1093銘柄、値下がり991銘柄、変わらず85銘柄でした。

あす7月1日に6月調査日銀短観、現地2日には米6月雇用統計の発表を控えており、買い進めるには無理があります。

基本的に下値も堅いですがが、上値も重く、一進一退の流れが続きそうです。

 

月末・期末にむけたロンドンフィキシングが要警戒

本日は月末・期末にかけたロンドンフィックスが最大の注目となりそうです。

ロンドンフィックスとはロンドン市場でその日の取引に利用する基準レートを決める時間のことを言います。

ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングで一番大きなフローがでるのが、月末のフィキシングとも言われています。

本日も米国のウイルス感染拡大、ロシアがアフガニスタンの反政府組織に、アフガン兵や米兵の殺害に賞金を提供していたことに関しトランプ大統領がこれを承知していたという問題、香港国家安全維持法可決による米国の対応など、米国の内政や外交に関し重要な問題が山積みとなっています。

しかしながらロンドンフィックスが終わるまでは、これらのニュースよりもフィックスの動きが相場を左右することになりそうです。
ここ数カ月のロンドンフィックスを振り返ると、先月(5月)末のドル円は欧州時間に入ると107.09円まで弱含んでいましたが、フィックスにかけて107.77円まで急ピッチで上昇しました。

またポンドに対しても買いが入り対円、対ユーロとも急上昇しました。

一方でユーロはポンドや円に対しては動いたものの対ドルでの値動きは限られました。
4月末のドル円は106円半ばから107.22円まで急伸、ユーロドルは1.08ドル半ばから1.09ドル後半まで急上昇など激しい動きを繰り返しました。
4・5月末は対円ではドルが上昇していますが、必ずしも毎月末が同じようなフローが入るわけではありません。

ロンドンフィックスをめぐっては、LIBORロンドン銀行間取引金利)の不正操作で大手銀行為替ディーラーから逮捕者が出たこともあり、金融機関は情報漏洩に対して厳しく管理されていることで、事前に漏れ伝わることはないと思われます。

よって本日も直前まではどちら側に動くかを予想するのは困難です。
フィキシング後のNY市場は上記のように米国が関わる内政・外交の状況と、株価の値動きを見ながらの取引が予想されます。

また、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長とムニューシン米財務長官が、米下院金融委員会で新型コロナウイルス対応めぐり証言を行うことが予定されています。

ウイルスの感染が全米で拡大していることで、今後の金融政策についての両者の発言には注意を払う必要があります。

 

今日の取引き

今日もJREITが後場から少し戻るかなと思ったのが失敗でした。

特にオリックス不動産R(8954)がここまで下がるとは思いませんでした。

JREITの取引きで損が出ないと思っていましたが相場の流れが変わってきました。

 

JT(2914)          2012円 100株買い   2120.5円 100株売却

JT(2914)          2012円 100株買い   2016円  100株売却

JT(2914)          2011円 100株買い   2017円  100株売却

じげん(3679)        339円  100株買い   337円  100株売却

じげん(3679)        343円  100株買い   345円  100株売却

じげん(3679)        342円  100株買い   338円  100株売却

いちごオフィス(8975)    74300円  1株買い   74100円 1株売却

オリックス不動産R(8954)  144800円  1株買い   140600円 1株売却

オリックス不動産R(8954)  143500円  1株買い   140500円 1株売却

オリックス不動産R(8954)  143500円  1株買い   144100円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)  130100円  1株買い   129100円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)  130100円  1株買い   130600円 1株売却

 

今日の確定損失はマイナス5900円でした。

 

6月29日 株価動向

概況

日経平均株価は前週末比517円04銭安の2万1995円04銭と大幅に反落しました。

2万2000円割れは15日以来ほぼ半月ぶりで、25日移動平均線を下回るのは4月6日以来です。

朝方から売りが先行して始まり、米国で新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が再度懸念され、前週末の米国株式が大幅下落した流れを受け、前場の早い段階で2万2100円近くまで下落しました。

その後いったん下げ渋りましたが、戻りは限定され、再度軟化しました。

株価指数先物売りが下げ幅を拡大し、後場終盤には一時2万1969円(前週末比542円安)まで下落しました。

6月末に向けた年金基金によるリバランス売りや、海外ヘッジファンドの決算期末売りも一部あると思われます。

東証1部の出来高は12億4962万株、売買代金は2兆1407億円、騰落銘柄数は値上がり506銘柄、値下がり1618銘柄、変わらず40銘柄でした。

 25日線割れで下にバイアスが掛かってきました。

これまで米国株高につられて上昇してきたが、新型コロナ感染再拡大への警戒感から米株がこければ日本株の調整も仕方がないと思われます。

 

今日の取引き

今日は後場から少し戻るかなと思ったのが失敗でした。

金曜日にNYが大きく下がっていたので先物が上がるかと予測したのが大きなミスでした。

 

日本リテールF(8953)     133600円  1株買い  134300円 1株売却

日本リテールF(8953)     133900円  1株買い  134300円 1株売却

日本リテールF(8953)     133100円  1株買い  133600円 1株売却

日本リテールF(8953)     133200円  1株買い  133600円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)  115900円  1株買い  116600円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   142000円  1株買い  142600円 1株売却

いちごオフィス(8975)     73300円  1株買い   73400円 1株売却

いちごオフィス(8975)     73600円  1株買い   73300円 1株売却

じげん(3679)         343円   100株買い  336円 100株売却

キャノン(7751)        2137円  100株買い  2125円 100株売却

 

今日の確定利益は1200円でした。

 

6月26日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比252円高の2万2512円と3日ぶりに大幅に反発しました。朝方は、買い先行で始まり、25日の米国株式が金融株を中心に上昇した流れを受け、国内金融株買いを交えて堅調に推移しました。

買い気は根強く、後場入り後には一段高となり、一時2万2589円(前日比329円高)まで上昇しましたが、一巡後は大引けにかけて上値の重い動きとなりました。

東証1部の出来高は11億3795万株、売買代金は2兆386億円、騰落銘柄数は値上がり1614銘柄、値下がり496銘柄、変わらず58銘柄、と全面高でした。

商い自体は少なめで、先物・インデックス買いで上げているように見えます。

基本的にはレンジ内での動きであり、上に抜けるにはそれなりの材料が必要なようです。

東京で感染者が増えていることからコロナの第二波を懸念する声もありこのまま上昇する可能性は低いと思います。

 

マザーズ指数は続落

マザーズ指数は続落し、IPO銘柄が荒い値動きとなり、フィーチャ初値9.1倍となりました。

本日のマザーズ市場では、アンジェス(4563)や直近IPO(新規株式公開)銘柄が賑わう一方、これまで強い値動きでマザーズ指数をけん引してきた銘柄を中心に利益確定の売りが出ました。

マザーズ指数は朝方に取引時間中の年初来高値(1067.29pt)を付けたものの、アンジェスの買いが一巡すると下落に転じました。

また、直近IPO銘柄もやや値動きの荒さが目立ち、売買代金は概算で2543.60億円になりました。

騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり238銘柄、変わらず6銘柄と値下がり銘柄が目立ちました。

週前半にかけて大きく上昇していたAIinside(4488)は利益確定売りがかさみ、10%の下落となり、前日に初値を付けたばかりのコパ(7689)は買いが一巡すると大きく値を崩し、下落率トップとなりました。

一方、時価総額上位のメルカリ(4385)やアンジェス(4563)、売買代金上位の窪田製薬HD(4596)は上昇しました。

アンジェス新型コロナウイルスワクチンの治験を月内にも始めると発表し、朝方に11%高まで上げ幅を広げ、直近上場のロコガイド(4497)は荒い値動きながら終値ではプラスになりました。

フィーチャ(4052)は上場3日目の本日、公開価格の約9.1倍となる初値を付け、上昇率は2018年4月のHEROZ(4382)以来の高さでした。

また、本日マザーズに新規上場したコマースワン(4496)は買い気配のまま初値が付きませんでした。

新規のIPO銘柄は久々の上場で好調な滑り出しです。 

今日の取引き

日本リテールF(8953)     137800円  1株買い  138300円 1株売却

日本リテールF(8953)     138000円  1株買い  138100円 1株売却

日本リテールF(8953)     137400円  1株買い  138000円 1株売却

福岡リート(8968)      133000円   1株買い  133600円 1株売却

福岡リート(8968)      133100円   1株買い  133000円 1株売却

JT(2914)           2106円 100株買い   2110円 100株売却

JT(2914)           2105円 100株買い   2108円 100株売却

JT(2914)           2093円 100株買い   2105円 100株売却

コーユレンテイア(7081)1334円 100株買い 1285円 100株売却

今日はこの1銘柄でマイナスになってしまいました。

始値が1399円でこのところ上昇していたので1334円と下がったところで買うと

そのまま下落しました。

始値が高く下落していく場合は買わないのですがうまく引っかかってしまいました。

 

2日連続のマイナスは今年初めてです。

今日の確定損失はマイナス1400円でした。

6月25日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比274円53銭安の2万2259円79銭と大幅続落して取引を終了しました。

朝方から売りが先行し、株価指数先物に断続的な売りが出たことや、時間外取引で米株価指数先物が下落していることもあり、午前11時14分には同369円安の2万2165円まで下落しました。

後場は、日銀によるETF(上場投資信託)買い期待が支えとなり、買い優勢で取引を開始したものの、買いの勢いが続きませんでした。

弱い動きのなか、見送りムードも広がり、ドル・円が1ドル=107円15銭前後(24日終値は106円59-61銭)で、小動きでした。

東証1部の出来高は13億537万株、売買代金は2兆2608億円、騰落銘柄数は値上がり442銘柄、値下がり1661銘柄、変わらず64銘柄でした。

24日にIMF国際通貨基金)が20年の世界経済見通しで、年成長率をマイナス4.9%と4月時点のマイナス3.0%から引き下げ、経済の回復は従来の予想よりも緩やかになるとしたことで楽観的な見方が後退し株安につながりました。

今日の取引き

今日は日本リテールF(8953)、野村不動産投資法人(3462)、ユナイテッドアーバンリート(8960)が大きく売られました。

全体に軟調な相場でしたがJREITはオフィス、商業系が特に売られました。

日本リテールF(8953)    140000円 3株買い

この銘柄は乱高下することが多く今日は5600円も下げました。

コロナの患者が増えて商業施設が難しいという問題もありますが早く戻すと思います。

終値は136600円、売り目標は144000円です。

 

JT(2914)           2102円 100株買い   2110円 100株売却

JT(2914)           2104円 100株買い   2108円 100株売却

野村不動産投資法人(3462)   128900円  1株買い  129400円 1株売却

森トラストリート(8961)    133500円  1株買い  133900円 1株売却

日本リテールF(8953)     136200円  1株買い  136500円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)   129400円  1株買い  128300円 1株売却

野村不動産投資法人(3462)   129000円  1株買い  127800円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)   118000円  1株買い  117200円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)   117400円  1株買い  117200円 1株売却

あおぞら銀行(8304)      1940円  100株買い  1922円 100株売却

じげん(3679)         360円   100株買い  362円 100株売却

 

 

今日の確定損失はマイナス2800円でした。