続けられる株式投資

株を始める方が長く続けられるような投資方法の紹介

7月14日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比197円73銭安の2万2587円と反落しました。

朝方は、13日の米国株式市場でNYダウが急騰後に失速し、ナスダック総合指数が下落した流れを受け、売りが先行しました。

カリフォルニア州で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け州全域でレストランの屋内営業などを再び禁止し、懸念要因となりました。

日経平均は前日大幅反発した反動で利益確定売りが出やすく、中国・上海総合指数の下げも重しとなり、株価指数先物売りを交えて軟調に推移し、後場の早い段階で2万2538円(前日比245円安)まで下落しました。

その後の戻りは限定され、大引けにかけて上値の重い展開となりました。
東証1部の出来高は10億9642万株、売買代金は1兆9778億円、騰落銘柄数は値上がり814銘柄、値下がり1263銘柄、変わらず94銘柄でした。
新型コロナの感染が拡大しても下ブレることなく、レンジ内でのもみ合いが続いていおり、上値は重いが、下値ではマネーが入ってきて下げ止まっているようです。

日銀は14日の東京株式市場で、通常のETF(上場投資信託)とJ━REITの買い入れを行いませんでした。
設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業のETFは前回13日と同額の12億円買い入れました。

 

  

明日の日本株

日経平均は終日低空飛行でした。

パニック的な売られ方ではなく、昨日が上げ過ぎたといった感じで、それを修正するような下げにも見えました。

昨晩の米国株の失速は要警戒ですが、米株先物が小高く推移しており、今晩切り返してくるようなら、日本株も改めて上を試しに行くと思われます。

米国では決算の先陣を切るJPモルガンチェースシティグループなど金融株の動向が注目されます。

国内では、あすは日銀の金融政策決定会合の結果が発表されます。

今回は無風通過となりそうですが、今日は金融株や不動産株に買いが入っており、現状維持でもこれらの業種の値動きは荒くなる可能性があります。

また、マザーズでは3社が同時に新規上場となります。

IPOに資金が集中してほかの銘柄を手じまうような動きが出てくるようだと厳しいが、新味のある材料が投入されることで、新興市場全体が活況となる展開に期待したいと思います。

マザーズ指数(14日終値:997p)は足元で25日線(1013p、14日時点)を抜けず足踏みが続いており、同水準をブレークできるかが注目されます。

 

今日の取引き

 

ブランディングテクノロジー(7067)     1289円    100株買い

2020年3月18日から2020年9月30日までに自社株買いを発表しましたが6月は買い付けませんでした。

111100株、1億円を上限として市場買付する予定ですが6月30日現在、18,700 株

17,884,900 円と取得率は約18%です。

6月は株価が1400円~1700円の間でしたので1300円切りでは自社株買いが入ると思います。

またコンテンツの企画、立案、制作、配信、販売、広告、宣伝に関する企画、制作、掲載及び広告代理業を、株式会社ファングリー(100%子会社)を新設会社とする新設分割(簡易新設分割)としました。

これは株価にどのように影響するか未知数ですが本日発表されました。

終値は1280円 売り目標は1390円です。

 

森トラストリート(8961)   125100円  1株買い  124900円 1株売却

森トラストリート(8961)   125400円  1株買い  126400円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)  110000円  1株買い  110200円 1株売却

じげん(3679)        318円    100株買い 319円  100株売却

 

今日の確定利益は1100円でした。

 

 

 

7月13日 株価動向

概況

日経平均株価は前週末比493円93銭高の2万2784円74銭と大幅反発し、高値で取引を終えました。

全33業種が上昇し、全面高になりました。

朝方は、前週末の米国株式が新型コロナウイルス治療薬開発への期待感を背景に上昇した流れを受け、買い優勢で始まり、一服する場面もありましたが、買い気は根強く、引けにかけて上げ幅拡大の流れとなりました。

時間外取引で米株価指数先物が高く、中国・上海総合指数の上昇も支えとなりました。
東証1部の出来高は12億1591万株、売買代金は2兆1386億円、騰落銘柄数は値上がり2032銘柄、値下がり126銘柄、変わらず13銘柄でした。

米国株や中国株など海外株高の影響で、大きく上昇しています。

前週に主要ETF(上場投資信託)の分配金支払いに伴う換金売りを終え、需給面で重しがなくなった面も大きいと思います。

しかし、国内に材料がある訳ではなく、海外頼みであり、このまま上に進むとは言い切れない状況で、海外の株高が頼みです。

 

  

今日の取引き

今日は株が大きく上がっている中JREITで勝負しましたが勝てませんでした。

日経が上がる時はJREITもおおきくはこけないですが森トラストといちごオフィスは

まったく上がりませんでした。

朝いちばんで値の上がるJREITはそれが高値になることが多く9時30分までは様子でいこうと思います。

コロナの感染者数の増加の影響を大きくうけており、商業系とオフィス系が難しいです。

 

森トラストリート(8961)   128400円  1株買い  128700円 1株売却

森トラストリート(8961)   127400円  1株買い  125800円 1株売却

森トラストリート(8961)   128000円  1株買い  125800円 1株売却

福岡リート(8968)      121900円   1株買い  122400円 1株売却

福岡リート(8968)      122000円   1株買い  121700円 1株売却

いちごオフィス(8975)    70100円   1株買い   68900円 1株売却

いちごオフィス(8975)    69200円   1株買い   69000円 1株売却 

 

今日の確定損失はマイナス4400円でした。

 

7月10日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比238円安の2万2290円と大幅反落しました。

朝方は、9日のナスダック総合指数の連日最高値更新を支えに強含んで始まった後、新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感もあり、いったん下げに転じました。

再度プラス圏に持ち直す場面もありましたが、前場中盤には2万2400円台前半まで下落しました。

その後の戻りは限定され、後場入り後は株価指数先物に断続的な売りが出て一段安となり、大引け間際には2万2285円(前日比244円安)まで下落しました。

中国株安や、ETF(上場投資信託)分配金支払いに伴う換金売りへの警戒に加え、午後2時過ぎに「10日、都内で新たに240人以上が新型コロナウイルスに感染していることが確認された」と報じられ、連日で過去最多となったことも株価の重しになりました。
この日算出の日経平均先物ミニ・オプション7月限のSQ(特別清算指数)値は2万2601円でした。

東証1部の出来高は13億3791万株、売買代金は2兆4589億円、騰落銘柄数は値上がり193銘柄、値下がり1935銘柄、変わらず43銘柄でした。

 

来週の日本株

来週(13-17日)の東京株式市場は、下値の堅い展開になりそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感は根強いものの、すでに主要ETF(上場投資信託)の分配金支払いに伴う換金売りの集中日(8、10日)を通過するとともに日銀のETF購入条件の緩和傾向が注目され、需給面でのサポート要因として意識されています。

日銀のETF買いは、基本的に前場のTOPIX(東証株価指数)下落率が0.5%以上になると実施されてきたが、9日には0.3%安でも実行されました。

日銀が買いのハードルを下げたとの思惑もあり、下値余地は限定される可能性があります。

10日の東京都の新型コロナ新規感染者数は243人となり、前日の224人に続き、過去最多を更新中です。

このまま感染拡大ペースが速まるようだと、改めて政府・自治体に対応策が求められることになるだけに、今後の感染状況によっては一段の下落もあります。


スケジュール面では、国内で14日に日銀金融政策決定会合(15日まで)、15日に黒田日銀総裁会見、日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)などがあります。

海外では14日に中国6月貿易収支、15日に米6月鉱工業生産・設備稼働率、16日に中国4-6月期GDP、中国6月工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、17日に米6月住宅着工件数などの発表が予定されています。

日銀の買い支えは期待できますが、問題はコロナの感染状況で全国で感染者が増えれば経済に大きな影響を及ぼし株価にも大きなダメージがでます。

 

  

 

今日の取引き

トリドール(3397)     1130円    200株買い

2020年7月3日に更新されたトリドールHDの2020年6月既存店売上高は、対前年同月比83.6%。内訳は客数79.5%、客単価105.1%であり、客数のマイナスを客単価のプラスでカバーできずにマイナス成長となりました。
また全店売上高も87.8%であり、既存店・全店ともに対前年同月比80%台のマイナス成長となっています。

前期の既存店売上高は、対前年同月比でプラス成長月9カ月、マイナス成長月3カ月であり、概ね堅調な推移を見せました。

しかし新型コロナウイルス問題が生じた3月以降は、3月84.7%・4月54.7%・5月63.2%・6月83.6%とマイナス成長が続いています。
緊急事態宣言が全面解除となった6月は83.6%まで回復しましたが、プラス成長に転じるまでには至りませんでした。
一方の全店売上高は、前期は3月を除き全ての月でプラス成長が継続。3月以降は既存店と同様の推移を見せています。

配当は1株当たり6.25円と低いですが株主優待は半期3000円 1年で6000円と高く

配当+株主優待で約6%の利回りです。

終値は1127円 売り目標はなく株主優待をとっていきます。

 

オリックス不動産R(8954)  137700円 1株買い   136800円 1株売却

オリックス不動産R(8954)  138300円 1株買い   136800円 1株売却

 

今日の確定損失はマイナス2400円でした。

7月9日 株価動向

概況

日経平均株価は、前日比90円64銭高の2万2529円29銭と3日ぶりに反発して取引を終了しました。

朝方から堅調に推移するなか、後場は買い優勢でスタートし、午後1時17分には、同240円高の2万2679円ときょうの高値を付けました。

日銀によるETF(上場投資信託)買い観測が浮上し、買い戻しの動きを誘ったようです。

ただ、午後2時すぎ、東京都内で新たに220人以上が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと報じられ、1日に確認される数としては4月17日の206人を上回り、最も多くなることから、再度の緊急事態宣言の発令が警戒され、手じまい売りが優勢となりました。

ドル・円が1ドル=107円30銭前後(8日終値は107円47-49銭)と、足元でやや円安方向にあります。
東証1部の出来高は11億7582万株、売買代金は2兆2220億円、騰落銘柄数は値上がり594銘柄、値下がり1496銘柄、変わらず81銘柄でした。
株価は新型コロナからの景気回復をある程度織り込んでいるとみられ、現在の水準から上昇するには、何らかの材料がいります。

新型コロナの東京都における新規感染者数の増加は、相場の足を引っ張る可能性もあり特にホテル、飲食、アミューズメント関連は影響を受けています。

 

 

JASDAQ平均は小反落

本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小反落、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは小幅続伸しました。

値上がり銘柄数は188(スタンダード184、グロース4)、値下り銘柄数は398(スタンダード369、グロース29)、変わらずは50(スタンダード47、グロース3)でした。 

本日のJASDAQ市場は、好調な米国市場や寄り付き前に発表された機械受注が市場予想を上回ったことから投資心理が改善し、JASDAQ平均は小幅上昇でスタートしました。

寄り付き後はマイナスに転じ、徐々に下げ幅を拡大しましたが、その後に前日終値を手前にもみ合う水準まで値を戻すなど方向感の無い動きで推移しました。

しかし、14時頃に東京都の新型コロナ感染者が220人以上との報道を受けてリスクセンチメントが低下し、JASDAQ平均は下げ幅を拡大しこの日の安値付近で取引を終了しました。

時価総額上位では、ハーモニック( 6324)やワークマン(7564)が堅調に推移し市場を下支えしましたが、全体の売り圧力に抗しきれなかったようでした。 

 

今日の取引き

日本リテールF(8953)     132700円  1株買い

一日信用で大きく下がってしまい現引きしました。

東京都のコロナ急増で商業施設系のリートは軒並み下がりました。

コロナのネガティブなニュースがおさまれば戻ると思います。

終値は129600円 売り目標は133800円です。

森トラストリート(8961)    130200円  1株売却

日本リテールを購入するために1株売却しました。

終値は129600円でした。

 

オリックス不動産R(8954)   139500円 1株買い   140100円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   139700円 1株買い   140600円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)   111500円 1株買い   111700円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)   111100円 1株買い   111200円 1株売却

プレミアR投資法人(8956)   113800円 1株買い    114000円 1株売却

日本リテールF(8953)     130100円 1株買い   129300円 1株売却

日本リテールF(8953)     131800円 1株買い   129300円 1株売却

日本リテールF(8953)     131800円 1株買い   132200円 1株売却

JT(2914)          1991円 100株買い    1963円  100株売却

 

今日はJREITも2極化で住居系のスターツプロシード(8979)5900円高の213200円まで上がり物流系のラサールロジスティックス(3466)も5000円高の179800円でした。

コロナ患者が増えるとリモートワークのオフィス系、観光が弱くなるホテル系、商業施設系のリートは落ち込みます。

JREITも選別して買う必要があり利回りもコロナの影響を多く受けるところは減配の可能性が高いので利回り重視では買えなくなってきました。

今日の確定損失はマイナス800円でした。

 

 

 

 

7月8日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比176円安の2万2438円と続落し、安値で引けました。

朝方は、現地7日の米国株式が新型コロナウイルス感染拡大への警戒などで下落した流れを受け、寄り付き直後にいったん2万2500円を割り込みました。

その後、株価指数先物買いを交えて上げに転じる場面もあったが、再度軟化しました。

先物に断続的な売りが出て、下げ幅を広げる動きとなりました。

今日は主要なETF(上場投資信託)の決算集中日で、分配金支払いに伴う換金売りが改めて重しとして意識されました。
東証1部の出来高は11億5596万株、売買代金は2兆1599億円、騰落銘柄数は値上がり420銘柄、値下がり1686銘柄、変わらず65銘柄でした。
需給面では、ETF分配金の捻出に絡んだ売りに押されました。

日経平均は再び25日線を割り込んできたが、TOPIX(東証株価指数)は200日線と25日線を下回ったままであり、上値の重さが大きい相場でした。

今日の取引き

日本リテールF(8953)     132500円 1株買い   132900円 1株売却

日本リテールF(8953)     132300円 1株買い   132800円 1株売却

ユナイテッドリート(8960)    112800円   1株買い   113100円 1株売却

 

今日の確定利益は1100円でした。

 

 

 

7月7日 株価動向

概況

日経平均株価は前日比99円75銭安の2万2614円69銭と4営業日ぶりに反落しました。

朝方は、きのう大幅続伸(407円高)した反動で、利益確定売りが先行しました。

いったん持ち直して上げに転じる場面もありましたが、買いは続かず、再度軟化しました。

株価指数先物に断続的な売りが出て一時2万2540円(前日比174円安)まで下落しました。

時間外取引NYダウ(ミニ)先物が値を下げ、重しとして意識されました。

その後下げ渋りましたが、戻りは限定されました。

主要ETFの決算集中日の第一弾を8日に控え、分配金支払いに伴う換金売りが警戒され、手控えにつながったところもあるようです。

東証1部の出来高は10億9360万株、売買代金は2兆1263億円、騰落銘柄数は値上がり805銘柄、値下がり1281銘柄、変わらず84銘柄でした。

下値では買い戻しが入るが、個別株中心の物色であり、指数は方向性が見出しにくく、中長期上昇トレンドに崩れはないが、上に突き抜けるだけの材料はないように思え膠着感のある相場です。

 

今日の取引き

インフォネット(4444)     1600円   100株売却

昨日のような上げ相場の地合いでも上がらなかったので売りましたが利確を早まりました。

終値は1676円 1600円割れたら買いなおします。

森トラストリート(8961)    130400円  2株買い

投資比率の順位が高い「東京汐留ビルディング」からソフトバンクが移転することが悪材料となって売られていますが配当利回りも5.9%と高く売り目標は133000円です。

終値は129000円でした。

 

ユナイテッドリート(8960)  114400円  1株買い   113600円 1株売却
ユナイテッドリート(8960)  115100円  1株買い   114000円 1株売却

日本リテールF(8953)     133500円 1株買い   134100円 1株売却
日本リテールF(8953)     133200円 1株買い   134000円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   139700円 1株買い   140300円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   138100円 1株買い   139400円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   139000円 1株買い   139400円 1株売却

オリックス不動産R(8954)   138900円 1株買い   139400円 1株売却

 

今日の確定利益は5000円でした。

 

7月6日 株価動向

概況

日経平均株価は前週末比407円96銭高の2万2714円44銭と大幅に3営業日続伸しました。

朝方は、買いが先行した。前週末の米国株式市場は独立記念日の振替休日で休場ながら、時間外取引(日本時間6日)での米株価指数先物高や、円安歩調が支えとなった。中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の上げも後押し要因となり、先物買いを交えて上げ幅を拡大し、後場後半には2万2734円11銭(前週末比427円63銭高)まで上昇した。その後も高値圏で推移した。

 東証1部の出来高は10億2539万株、売買代金は1兆8013億円、騰落銘柄数は値上がり1888銘柄、値下がり244銘柄、変わらず38銘柄、東証業種別株価指数は全33業種が上昇しました。。

陽線を立てるとは思ってもみなかったですが、時間外の米株先物や中国株の上昇が買い戻しを誘ったと思われます。

しかし海外指数がなぜ上昇したかははっきりしません。

先行して織り込んだことで、今晩の米株が一段と上昇しないと連続高は難しくなります。

 

明日の日本株

日経平均は400円を超える大幅上昇でした。

中国株の大幅高や東京都知事選の結果が影響したようにも見えますが、実際のところは何が理由がはっきりわからないなかで、幅広い銘柄に買いが入りました。

ハイテク株が上昇を先導するなど主力どころの銘柄が強かったですが、東証1部の売買代金は2兆円に届かない薄商いで、満遍なく買われているというよりは、特定の銘柄がかなり強い上昇となり、その動きをみて売りが引っ込んだことで、買い戻しが加速したような地合いでした。

ただ、それでも節目の22500円や25日線(22477円、6日時点)を難なく超えてきた点は強い動きでした。

これらの水準が強い抵抗とはならなかったことから、明日以降、再び同水準を下回ったとしても、押し目では買いが入ることが期待できます。

今日は米株先物の大幅高も横目で見つつ上昇しているため、基本的には休場明けの米国株が上昇したとしても、明日の日本株への好影響は限られると思います。

反動売りがそれほど出てこなかったり、一段高となるようであれば、目先の下値不安が後退し、下げづらい地合いと判断できると思います。

 

今日の取引き

日本リテールファンド(8953)     138000円 1株売却

5株持っているので1株売りました。

JREITが前場上げて後場で下げる流れは変わっていません。

8月配当月なので買い値の140500円までは持つつもりです。

終値は136900円でした。

 

森トラストリート(8961)    132100円  1株買い  132500円 1株売

 

今日の確定損失はマイナス2000円でした。